産経デジタル、ID認識型プロキシーとセキュアウェブゲートウェイを導入

NO BUDGET

2023-01-17 17:20

 産経デジタルは、アカマイ・テクノロジーズが提供するクラウド型のID認識型プロキシー「Enterprise Application Access」(EAA)とセキュアウェブゲートウェイ「Secure Internet Access」(SIA)を導入した。アカマイが1月17日に発表した。

 産経デジタルでは、EAAの導入効果として脱VPN(仮想私設網)の推進によるゼロトラストセキュリティへの移行を挙げている。EAAのクラウド提供型のアクセス制御により、社内外を問わずインターネット経由で安全なアプリケーションの利用が可能になった。またEAAはハードウェアが不要なため、VPN機器の保守メンテナンスやキャパシティー管理の必要がなく、通信量の増加による懸念から解放され、運用負荷とコストの低減にもつながったという。

 さらにSIAの導入効果として、社内ドメインネームシステム(DNS)のフォワード先を変更するだけで設定が完了し、面倒な設定変更や更新作業が発生しないことや、レピュテーション(脅威判定)の品質が高く、誤検知もほとんどないことを挙げている。

 産経デジタルは、「産経新聞」「サンケイスポーツ」「夕刊フジ」など、産経新聞社のニュースメディアやライフスタイルメディアの公式サイトを運営しており、より先進的で高度なセキュリティ対策を模索していた。サイバー攻撃の手口も高度化・複雑化している状況を踏まえ、ゼロトラストセキュリティへの取り組みを加速させた結果、入口対策としてアカマイのEAAを、出口対策としてSIAを導入することとした。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]