カーボンニュートラル(脱炭素)

帝人と富士通、独自転車メーカーとリサイクルを環境価値化したビジネスモデル構築

寺島菜央 (編集部)

2023-01-19 14:11

 帝人と富士通は1月19日、自転車のフレームに用いられるリサイクル炭素繊維の「資源循環における環境価値化実証プロジェクト」を開始したことを発表した。実証の実施期間は1~3月を予定しているという。

 帝人と富士通は2022年7月から、バリューチェーン全体での環境負荷に関するデータの収集・分析や、リサイクル素材の出自の証明などの環境負荷情報を提供することによるリサイクル素材の活用や環境配慮設計を促進する取り組みとして、「リサイクル素材の環境価値化プラットフォーム実現プロジェクト」を進めている。

 今回実施する資源循環における環境価値化実証プロジェクトでは、富士通のブロックチェーン活用サービス「Fujitsu Track and Trust」で構築した「リサイクル素材の環境価値化プラットフォーム」を活用し、自転車フレームに使用される材料の資源や環境負荷に関する証跡データを収集・管理。さらに、そのプロセスの実現性を評価し、可視化したデータの価値を検証するという。両社は、リサイクルを環境価値化したビジネスモデルを実践することで、炭素繊維などの素材のリサイクル市場を発展させ、サーキュラーエコノミーの実現に貢献するとしている。

 また同実証プロジェクトは、ドイツに拠点を構え、炭素繊維強化プラスチックを使った自転車フレームの製造・販売を行うV Framesと自転車メーカーのE Bike Advanced Technologies(Advanced Bikes)と共に行う。欧州の自転車産業では、多くがアジアで製造されたフレームを使用し、使用済みフレームの多くをアジアで埋め立て処分しているという。また、材料や使用済みフレームなどの資源の長距離輸送によるエネルギー消費量がかさむことから、資源が循環利用されずに処分されていることが問題視されている。

 V Framesでは、ドイツでの資源活用や製品寿命を迎えた自社製の自転車フレームを再利用したフレームの製造に取り組み、温室効果ガス(GHG)排出量削減に貢献している。帝人と富士通は、V FramesのGHG排出量削減の成果を可視化することで、環境に対する関心が高い自転車市場をはじめ、炭素繊維を扱う業界への意識付けを行う試みとして、V FramesとAdvanced Bikesと共に同実証プロジェクトを開始した。

 V FramesとAdvanced Bikesは、同実証プロジェクトにおいて自社内の各工程における環境負荷情報のプラットフォームへのアップロード、またデータの収集プロセスやプラットフォーム上で可視化されたデータのレビューを担う。帝人は各工程における環境評価の支援とエコシステム構築に向けたステークホルダーとの連携を進める。

 同実証プロジェクトで確立するプラットフォームでは、自転車フレームのリサイクルから販売に至るまでの全工程における資源に関する情報(所在、状態、環境負荷など)が反映されるため、物理空間の資源の状況をデジタルで仮想的に表現(デジタルツイン)できる。さらに、ブロックチェーンを用いることで過去の状況を参照できるため、資源に対して「トレース可能なデジタルツイン」の実現が可能になるとしている。

 両社は同プラットフォームのデータに基づき、自転車ユーザーに対するトレースデータの開示や、ステークホルダーのカーボンマネジメントなどに活用することで価値を生み出すと説明。また、蓄積したデータは自転車フレームの資源循環の実現を示すデータであるため、将来的にはESG(環境・社会・ガバナンス)投資の評価やクレジットとしての活用に展開するとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]