海外コメンタリー

「NeXTStep」を懐かしむ人にお勧めのオープンソースOS「Haiku」

Jack Wallen (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2023-01-24 06:30

 Steve Jobs氏がAppleに戻ったのは、同社が「NeXTStep」プラットフォームとの厳しい競争にさらされていたときのことだ。「NeXTStep」は、Jobs氏が作ったもう1つの企業であるNeXTが開発したOSだ。AppleがNeXTとの競争ではなく、同社の買収を選んだことをきっかけに、Jobs氏はAppleに返り咲いた。

ノートPCを笑顔で見つめる人物
提供:iStockphoto/Getty Images

 その頃、Jobs氏がAppleを離れた後に同社の製品担当プレジデントを務めていたJean-Louis Gassee氏もまた、Appleを離れてBeと呼ばれる企業を設立し、市場でもっとも高速なディスクI/O、レンダリング、カーネルを持つOSを目指して「BeOS」を開発していた。

 Appleは競争を避けてNeXTを買収し、NeXTStepに修正を加えたものが後に「Mac OS X」と「iPhone OS 1」になった。

 では、BeOSはどうなったのだろうか。このOSは、今でも「Haiku Project」の中に生きている。

 筆者は、大昔にHaikuを初めて試したとき、「AfterStep」に似たインターフェースを選んだこのOSに感激したものだ。私はその後、当時お気に入りだったウィンドウマネージャーであるAfterStepが、NeXTStepを真似たものであることを知った。つまりその関係は、ある意味で1つの輪を描いていたわけだ。

 Haiku Projectが最初にリリースされたのは2009年9月14日のことだ。驚くべきは、このOSがまだBeta 4に到達したところだということだろう。つまり、このOSはリリースから14年近く経った今でも、ベータ版から脱することができていないのだ。しかし、有志によって進められているプロジェクトではそういうこともある。逆に当然とも言えるのは、14年を経たHaikuは非常に安定していて極めて高速だということだ。

 ただしHaikuは、誰にでも勧められるOSではない。「Linux」ユーザーでさえ、このOSを好きになれるとは限らないだろう。Haikuは、NeXTStepかAfterStepを使ったことがあり、ルック&フィールは少し古くても、これまでに経験したどれよりも高速なOSを求めている人向けのものだ。

 では、(素晴らしいNeXTStep風のUI以外に)Haikuの良いところはどこだろうか。まずこのOSは、スピード第一で設計され、カスタマイズされたカーネルを持っているのに加え、素早い開発を可能にするオブジェクト指向のAPIが豊富に用意されている。また、インデックス化されたメタデータに対応したデータベース的なファイルシステムを持ち、統一されたインターフェースを備えている。

 Haiku B4は、新旧を問わずIntel、Appleシリコン、Armなどをベースにしたほとんどのハードウェアにインストールできる。筆者がHaiku B4を「Oracle VM VirtualBox」を使った仮想マシンにインストールしてみたところ、長年の間に筆者が使ってきたものの中でも屈指の高速なOSであることが分かった。

 もちろんHaikuは、Linuxや「macOS」、「Windows」を相手に市場で戦えるようなOSではないし、そんなことが起きている気配はない。しかしこのOSは、昔ながらのやり方や、人と違うことが好きな人のためのOS、あるいはとにかくただ楽しむための手段を求めている人にはいいかもしれない。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]