「Windows 11」プレビュー版、サードパーティーのウィジェットが利用可能に

Liam Tung (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-01-30 11:54

 Microsoftは米国時間1月25日、「Windows 11 Insider Preview」の「Build 25284」をDevチャンネルで公開した。

PCを前に外を眺める人
提供:Getty Images/10'000 Hours

 このバージョンでは、サードパーティーアプリのウィジェットが利用できるようになった。Metaの「Messenger」アプリが、Windows 11のウィジェットボードで利用できる最初のサードパーティーウィジェットを提供している。

Messengerのウィジェット
提供:Microsoft

 ウィジェットシステムは、Windows 11の目玉機能の1つだ。しかし、これまでは「Bing」のコンテンツ、「Windows」のヒント、「Game Pass」のプロモーションなど、Microsoftのアプリとコンテンツのみがパネルに表示されていた。Microsoftは、2022年11月にリリースした「WinAppSDK 1.2」を通して、サードパーティーウィジェットの開発を可能にした。

 MetaのMessengerウィジェットはプレビュー版だ。また、ウィジェットシステムには、まだ不安定な部分もある。しかし、Messengerウィジェットの登場は、ウィジェットシステムの未来を初めて垣間見させてくれるものとして、Windows 11ユーザーに歓迎されるはずだ。

 ユーザーは、「Microsoft Store」からMessengerの最新バージョンをインストールした後ウィジェットボードを開く必要がある。ボードの上部に、ウィジェットピッカーを表示する「+」ボタンが配置されているので、ここからMessengerを選択して、ボードにピン留めできる。

 Microsoftは、今後さらに多くのウィジェットが登場するとしたが、現在の実装には少し不安定な部分があると警告している。

 現状では、サードパーティーのウィジェットがウィジェットボードから時折消えることがあるが、ウィジェットピッカーから再度ピン留めすれば、元に戻る。ユーザーが複数のWindowsデバイスにサインインした場合にも、ウィジェットのピン留めが解除されてしまうことがある。さらに、ウィジェットのピン留め/ピン留め解除されたトースト通知の「元に戻す」ボタンが機能しないこともある。

 Microsoftは、「Edge」ブラウザーでのサードパーティーの「Progressive Web Apps(PWA)」ウィジェットのサポートにも取り組んでいる。この機能は、将来的にEdgeに搭載される予定で、現在は実験的機能として扱われている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]