リクルート、経営管理基盤の刷新に向けて請求書管理サービス導入

大場みのり (編集部)

2023-01-30 13:20

 コンカーは1月30日、リクルートがクラウド請求書管理サービス「Concur Invoice」を採用したと発表した。リクルートは2022年11月から同サービスを利用しており、今後順次国内関連会社への展開を予定している。

 リクルートは、基本理念として「新しい価値の創造を通じ、社会からの期待に応え、一人ひとりが輝く豊かな世界の実現を目指す」を掲げ、ITを活用した多様なビジネスモデルや大規模なサービスの提供で世の中の「不」の解消に挑戦し続けているという。2020年には次世代経営管理準備室を発足し、経営管理基盤の刷新にも取り組んでいる。

 この取り組みの一環として同社はConcur Invoiceを導入し、請求書処理領域の業務効率化に取り組む。同サービスにより、業務フローが電子請求書を中心としたものとなり、ペーパレス化が期待される。その結果、リモートワークの促進、請求書処理/承認の早期化など、複数の側面での効果が見込まれる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]