「ChatGPT」、史上最速でアクティブユーザー数1億人に到達か

Liam Tung (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-02-06 11:04

 AIチャットボット「ChatGPT」が驚異的なセンセーションを巻き起こしており、Googleまでもがこのサービスの急激な人気上昇に動揺している。スイスのUBSのアナリストらによると、ChatGPTは歴史上最も急速に成長している消費者向けアプリでもあるという。

キーボードに入力するロボットの手
提供:Getty Images

 UBSの分析によると、2カ月前の2022年11月30日に公開されたChatGPTは、2023年1月に1億人のアクティブユーザー数を記録したという。ChatGPTはわずか1週間で100万人のユーザーを獲得した。

 Reutersが指摘しているように、ChatGPTの成長は「TikTok」や「Instagram」よりもはるかに速い。TikTokとInstagramがアクティブユーザー数1億人に到達するのに要した時間は、それぞれ9カ月と2年半だ。それらのサービスよりもはるかに前に登場した「Google翻訳」は6年半、「Facebook」は4年半を要した。

 ただし、ChatGPTに尋ねてみたところ、ChatGPTは自分自身を「アプリ」とみなしておらず、実際には機械学習モデルであると主張している。

 われわれは、「ChatGPTは歴史上最も急成長しているアプリなのか」とChatGPTに尋ねた。

 「いいえ、ChatGPTを支えるOpenAIの『GPT-3』言語モデルは、アプリではなく、提供された入力に基づいて、人間が書くようなテキストを生成するよう設計された機械学習モデルです。GPT-3は、これまでで最も大規模かつ高度な言語モデルの1つとして広く認識されていますが、これはアプリではなく、ユーザー数の増加についての測定も行われていません」

 1月にOpenAIに追加投資を行うと発表したMicrosoftは、GPT-3を自社のさまざまな製品に組み込み始めている。例えば、「GPT-3.5」は、新しい「Microsoft Teams Premium」のいくつかのインテリジェント要約機能を支えている。

 Microsoftは、GPT-3.5、画像生成AIツール「DALL-E 2」、自然言語をコードに変換するシステム「OpenAI Codex」(GPT-3をベースとしている)を開発者に提供する「Azure OpenAI Service」も発表している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]