グーグル、「ChatGPT」に対抗する独自のAIチャットボット「Bard」を公開

Stephen Shankland Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2023-02-07 10:08

 Googleは米国時間2月6日、「Bard」という「ChatGPT」に似た同社独自の人工知能(AI)チャットボットをリリースした。

Googleキャンパス
提供:Stephen Shankland/CNET

 「Bard は、世界の幅広い知識と大規模言語モデルの能力・知性・創造性を組み合わせることを目指している」と、Googleの最高経営責任者(CEO)Sundar Pichai氏は6日にツイートした。「ウェブからの情報を活用し、最新で質の高い応答を提供する」(Pichai氏)

 Bardを支えているのは、同社の「LaMDA」(Language Model for Dialogue Applications)だ。この新しいAIは、ウェブからの情報を利用して、質問に対する創造的な回答を作成したり、詳しい情報を提供したりすると同社は述べている。

 Bardは6日、一部のテストユーザーに公開され、今後数週間のうちに一般公開される予定だ。

 Pichai氏によると、Bardには、LaMDAの軽量版が採用されているという。このモデルは演算処理量が少ないため、より多くの人々に対象を拡大して、より多くのフィードバックを得ることができる。そのフィードバックが、同社の「品質・安全性・現実世界の情報の根拠の高い基準」を満たすために不可欠になると、Pichai氏は強調した。

 GoogleのライバルであるMicrosoftも歩みを進めている。Microsoftが7日に本社で開く報道陣向けイベントの招待状によると、同社のCEOであるSatya Nadella氏は「いくつかの興味深いプロジェクトの進展」を発表する予定だという。Microsoftは、ChatGPTを同社技術に組み込むことを計画しており、イベントでは、その詳細が発表される可能性がある。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]