PDF Report at ZDNET

地政学リスクが迫るサプライチェーン変更の要請、対応のポイントとは

PDF Report@ZDNET

2023-02-09 06:45

 2022年は、新型コロナウイルス感染症やロシアによるロシアによるウクライナ侵攻などにより、世界が地政学リスクを再認識することになった。資源供給の問題の発生により、世界的な物価の上昇など、影響の裾野は広い。

 2023年を迎え、新たな懸念点として意識されているのが、中国と台湾間における有事に関する話題である。米中は知的財産などの関係で相互依存性が強いものの、米国は脱中国を進める考えであると米Wall Street Journalは伝えている。

 Appleは、iPhoneなどの製造拠点を一部ながら中国から移転させており、メキシコなどが新たな拠点として候補に挙がっているという。

 日本政府も2022年末、脱中国を進めるために、経済安全保障推進法の下で、特定重要物資として工作機械、蓄電池、産業用ロボット、半導体を含む11分野を指定。調達の代替策を見つけ、備蓄を拡充するためには、中国に頼らなくても住むようにサプライチェーンを変更する必要が出てくる。国内への生産回帰なども想定しているという。

 地政学的リスクに端を発する形で、サプライチェーンの見直しを迫られる中で、参考になる記事を集めた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]