アカマイ、新しいエッジとクラウドのコンピューティングサービスを開始

ZDNET Japan Staff

2023-02-14 15:10

 米Akamai Technologiesは現地時間2月14日、新たなエッジおよびクラウドコンピューティング基盤サービスとなる「Akamai Connected Cloud」の正式提供を発表した。2023年中に日本を含む10カ所にコアサイト、50都市以上に分散型サイトを展開する。

 Akamai Connected Cloudは、2022年に買収したIaaSプラットフォームプロバイダーのLinodeのリソースを活用して展開する新たなエッジおよびクラウドのコンピューティングプラットフォームサービスになる。Akamaiの既存インフラに接続されるコアサイトをまず欧米に3カ所展開し、2023年中に東京および大阪を含む世界10カ所に展開するという。

 また、ネットワークの過疎地域に基本的なクラウドコンピューティング機能を提供するという分散型サイトも2023年中に世界50都市以上に展開する。ISOやSOC 2および米国の「HIPAA」の各種規制への準拠も近く完了するとしている。

 Akamai Connected Cloudでは、エッジコンピューティングにも対応する仮想マシンやコンテナー、Kubernetes、データベースなどのIaaS機能を中心に提供される。コンテンツ配信ネットワークを活用して、クラウドからのエグレス料金(クラウドから外部環境への通信転送料)をハイパースケーラー(世界的な大規模クラウド事業者)などもより安価にするとした。

 併せて新しいテクノロジーパートナープログラムの「Akamai Qualified Computing Partner」も発表した。パートナー企業は、Akamai Connected Cloudとの相互運用が可能で、Akamaiの分散型プラットフォームを活用したサービスを展開できると説明している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]