Agoop、流動人口データベースを「Snowflake マーケットプレイス」で提供開始

NO BUDGET

2023-02-14 09:55

 データクラウドを提供するスノーフレイクは、ソフトバンクグループのAgoopが、「Snowflake マーケットプレイス」で、情報サービス業界最大級の流動人口データベースの提供を開始したと発表した。

 同マーケットプレイスでは、狭域集計データの1つである50メートルメッシュ単位(東京都新宿区付近、2022年12月1日の約1時間分)のデータをサンプルとして無償提供する。別途問い合わせ状況に応じて、有償で購入希望地域データの完全版を提供していく。

 Agoopは、人々の移動・滞在を把握することができる業界最大級の流動人口データを保有し、これらのビッグデータを活用することで課題解決、戦略実現を支援する。

 今回提供される流動人口データは、ユーザーの許諾を取得したスマートフォンアプリから取得した位置情報を秘匿化・統計加工した位置情報ビッグデータとなる。利用企業は、エリアごとの時間経過による来訪・滞在人口推移や、移動人口などの人に関する位置情報データを高精細に把握できる。

 最短1分単位の移動・滞在を時系列で緯度・経度、速度・方向別に把握が可能で、50メートルメッシュ単位、任意指定可能な多角形、観光エリア単位、道路区画単位にも把握できる。さらに来訪者の性別・年代、ペルソナ、その他さまざまな属性の把握が可能だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]