NECと東京都市大、センサー/AI活用したスマートインフラ管理で共同研究

NO BUDGET

2023-02-15 09:13

 NECと東京都市大学はセンシングや人工知能(AI)などの先進技術を活用した「スマートインフラマネジメント」で共同研究を開始する。多種多様なセンサーデータをAIで分析し、対象となる構造の劣化状態を多角的に捉えることでインフラを監視する技術を研究開発する。

 共同研究では、NECのモデルフリー分析技術などデータ分析技術の開発実績・ノウハウと、東京都市大学の橋・道路などの社会インフラや構造物に関する設計・保全技術を組み合わせる。

共同研究の概要
共同研究の概要

 まずは巡回点検車に設置された高感度カメラや赤外線サーモグラフィーカメラ、加速度センサー、マイクなどから収集されるマルチモーダルデータを統合的に分析する。これにより、健全性判定や長期劣化傾向などの状態を多角的に監視するAI技術の構築・検証を進める。

 また橋に設置した汎用の光ファイバーで振動データを計測し、橋の構造パラメーターや交通状況を推定する。さらに、センサー設置が不要なセンシング技術として衛星合成開口レーダーによる橋のモニタリング技術を活用し、近隣の開発工事に伴う既存の橋への影響を検証する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]