「Linux 6.2」がリリース--アップルの「M1」チップに初めて対応

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)

2023-02-22 11:30

 Linus Torvalds氏は米国時間2月19日、最新の「Linux」カーネル「Linux 6.2」をリリースしたと発表した。「『Linux 6.1』のように画期的なLTS(長期サポート)リリースにはならないとしても、こうした地道なマイナーアップデート版のカーネルもテストしてもらう必要がある」(Torvalds氏)

Linux 6.2の画面
提供:Asahi Linux

 Linux 6.2には、Appleのチップ「M1 Pro」「M1 Max」「M1 Ultra」のアップストリームサポートが追加された。これにより「Mac」ユーザーは、「M1」搭載マシンでLinuxを実行できるようになる。

 Linux 6.2は、「Ubuntu 23.04」のデフォルトカーネルになり、「Fedora Linux 38」にも搭載されるとみられる。その後、4月下旬に「Linux 6.3」がリリースされる予定だ。

 Linux 6.2カーネルにはまた、Intel、Advanced Micro Devices(AMD)、Google、Red Hatといった企業の支援を受けて多くの機能が盛り込まれている。特筆すべき新機能として、「Intel Arc Graphics」(開発コード名「DG2」を2021年に「Alchemist」に変更)の安定サポートがデフォルトで有効になっているほか、NVIDIA製「GeForce RTX 30」シリーズのアクセラレーテッドグラフィックス「Ampere」がnouveauのオープンソースコードで初期サポートされている。さらにドライバーのアップデートも含まれており、ポータブルゲーミングPC「ONEXPLAYER」向けのソニー製ワイヤレスゲームコントローラー「DUALSHOCK 4」、センサー、ファン、Habana Labsの人工知能(AI)アクセラレーター「Gaudi2」、ASUSのマザーボードに対するサポートなどがある。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]