ソニーネットワークコミュニケーションズ、ボイスボット活用でオペレーターの応対件数35%削減

大場みのり (編集部)

2023-02-27 17:39

 ソニーネットワークコミュニケーションズは、コンタクトセンター向けクラウドサービス「PrimeTiaas」とGoogle Cloudの「Contact Center AI」(CCAI)を連携させたボイスボット機能「PrimeTiaas VoiceBot Option」を導入し、オペレーターの応対件数を35%削減した。同機能を提供するSCSKが2月27日に発表した。

 ソニーネットワークコミュニケーションズは、同社のインターネット接続サービス「So-net」の顧客から問い合わせがあった際、専用のサポートデスクにて電話やチャットで対応していた。2022年11月の顧客向けサポート窓口の再編に合わせて、受付の24時間対応や無人での顧客の自己解決フォローを検討し、以前から活用していたPrimeTiaasのオプションサービスであるPrimeTiaas VoiceBot Optionの導入を決定した。

 PrimeTiaasは、高い堅牢(けんろう)性に加え、利用目的に合わせてプランを柔軟に選択できる点が特徴だという。CCAIには「コンタクトセンターへ素早く実装できる」「クラウドベースで管理がしやすい」「精度の高い日本語音声のリアルタイム認識」などの特徴があり、PrimeTiaasとCCAIを連携させることで、専用電話交換機(PBX)への外線転送を経由しないシンプルなシステム構成を実現した。

 顧客向けサポート窓口の再編の一環として、有人窓口の役割の一部についてVoiceBotを活用した無人窓口に変更したことで、サポート窓口の電話番号に着信した案件のうち、オペレーターが応対する件数を35%削減した。また、早朝や夜間帯における無人電話サポートの24時間受付も提供し、窓口営業の時間内に問い合わせることが難しい顧客へのサポート環境も構築した。

 ソニーネットワークコミュニケーションズは、今回の導入をきっかけに、VoiceBotを適用する業務範囲を広げるほか、周辺システムとの連携を強化することで、顧客の目的に合った動的な案内を目指している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]