Linuxノウハウ

「Ubuntu Pro」を有効化するには--セキュリティ更新が10年間利用可能に

Jack Wallen (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-03-02 07:45

 「Ubuntu Pro」は、Canonicalが少し前に発表したサービスだ。Ubuntu Proでは、10年間にわたって、OSと2万3000種類以上のアプリケーションにセキュリティアップデートが提供される。これは素晴らしい。

 この意味がよく分からない人は、OSをいったんインストールすれば、それから10年間、再インストールする必要がなくなると考えてほしい。

 そのOSを使用している間、セキュリティアップデートの停止について心配する必要はない。これとは対照的に、ほとんどのOSでは、アップデートが提供される期間は約5年間だ。

 1つ注意点がある。Ubuntu Proをインストールできるのは、「Ubuntu 16.04」「Ubuntu 18.04」「Ubuntu 20.04」「Ubuntu 22.04」などの長期サポート(Long Term Support:LTS)版だけだ。

 Ubuntuを個人用のデスクトップOSとして使用している人は、Ubuntu Proを無料で入手できる。そう、これは「Ubuntu Linux」ディストリビューションにとって重要なサービスであり、(個人的な理由で使用する限り)無料で手に入れることが可能だ。

 Ubuntu Proは無料で利用できるが、デフォルトではインストールも有効化もされていない。本記事では、それを実行する手順を紹介する。

Ubuntu Proを有効にする方法

必要なもの

 これを実行するには、LTS版Ubuntuの実行中のインスタンス、Ubuntu Proのアカウント(無料で取得可能)、Ubuntu Proのトークン(後で詳しく説明する)、sudo権限を持つユーザーが必要である。

 必要なものは以上だ。それでは、Ubuntu Proを有効化してみよう。

1. Ubuntu Proのトークンをコピーする

 まず、Ubuntu Proのアカウントにログインして、ダッシュボードにアクセスする必要がある。

 ダッシュボードにアクセスするには、画面右上の自分のユーザー名をクリックして、Ubuntu Proのダッシュボードを選択する。ダッシュボードにアクセスしたら、トークンの下の文字列をコピーする。

トークンをハイライトしてキーボードで「CTRL」+「C」を押すか、あるいは、文字列の左側のリンクアイコンをクリックして、トークンをコピーする。
トークンをハイライトしてキーボードで「CTRL」+「C」を押すか、あるいは、文字列の左側のリンクアイコンをクリックして、トークンをコピーする。
提供:Screenshot by Jack Wallen/ZDNET

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]