三重県庁、「Slack」を全庁導入へ--組織内外のコミュニケーションを活性化

NO BUDGET

2023-03-08 07:49

 三重県庁は、5月からビジネスチャットツール「Slack」を全庁に導入する。全庁導入は全国の自治体で初めてだという。セールスフォース・ジャパンが3月7日に発表した。

 同県では2021年8月、新型コロナウイルス感染症の拡大による緊急事態宣言下で、感染防止対策のためテレワークを余儀なくされていた。その中でSlackを試験的に導入。その後、職員がテレワークなどの環境下にあっても、コミュニケーションの維持・活性化に非常に高い効果を得たことが評価された。

 具体的な効果としては、メールと比較して迅速なコミュニケーションが可能になり、Slackのブックマーク、メンション、ピン留め、絵文字などの機能で作業効率が向上した。またスレッド機能でテーマごとに情報を一元管理できるようになり、ハドルミーティング機能を活用することで、ウェブ会議を設定しなくても簡単に音声通話で職員同士がやりとりできるようになった。

 三重県では今後、職員間での柔軟かつ多様なコミュニケーションの実現、メールや予定表など、各種コミュニケーションツールとの連携の促進を進める。また外部関係者とのコラボレーションの強化など、組織内外のコミュニケーションの活性化を図る。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]