松岡功の一言もの申す

これからのデータ保護に必要なソリューションは何か--キーワードは「BSMA」

松岡功

2023-03-09 10:44

 デジタル社会の進展に伴ってサイバー攻撃が増加する中、企業がしっかりとデータを保護していくためのソリューションとして何が求められるか。セキュリティ分野ではそれを表すさまざまなキーワードがあるが、筆者も「BSMA」という独自の造語を提案したい。どういう意味か、背景とともに説明しよう。

「BSMA」の発想につながった背景とは

 呼び名は「バスマ」としよう。BSMAとは、「Backup」「Security」「Management」「Automation」の頭文字を並べたもので、今後ますます激しくなりそうなサイバー攻撃からデータを保護するためのソリューションとして必須の4要素を挙げた。セキュリティによる防御をはじめ、データを守るためのバックアップ、データガバナンスのためのマネジメント、そしてAI技術などによる最適な形でのデータ保護のオートメーション(自動化)といった意味で、企業がこれからデータ保護をしっかりと行っていくためには、これら4つの取り組みに注力していく必要があるとの意図を込めた言葉である。

 このBSMAは独自の造語ではあるものの、その4要素は筆者の独創ではなく、実は「サイバープロテクション」と呼ぶソリューションを手掛けるスイスのAcronisの事業戦略から発想を得たものだ。その元になったのは、次のような話からだ。

 Acronisの日本法人であるアクロニス・ジャパンが先頃、パートナー向け年次イベント「Acronis #CyberFit Summit Japan 2023~サイバープロテクションの未来~」を都内ホテルで開催した。同社が言うサイバープロテクションとは、バックアップとセキュリティを融合したソリューションのことだ。

 同社のサイバープロテクションソリューション(ブランド名は「Acronis Cyber Protect」)は、現在150カ国を超える75万社以上に利用されており、とりわけ2万社を超えるサービスプロバイダーとのパートナーシップを通じて、多くの中堅・中小企業で使われているという。その内容をはじめ、グローバルでの事業方針、さらに今最もサイバー脅威となっているランサムウェア対策については、2022年12月22日掲載の本サイトのトップインタビュー記事「バックアップが原点だから言えるランサムウェア対策--アクロニスCEO」にまとめたので参照していただきたい。

 筆者がBSMAの発想を得たのは、上記のイベントでのアクロニス・ジャパン 代表取締役社長の川崎哲郎氏およびAcronis APJ(アジアパシフィックジャパン)&MEA(ミドルイーストアフリカ)セールス・グローバルチャネル担当シニアバイスプレジデントのPasha Ershow(パーシャ・エルショフ)氏のスピーチからだ(写真1、写真2)。

写真1:アクロニス・ジャパン 代表取締役社長の川崎哲郎氏
写真1:アクロニス・ジャパン 代表取締役社長の川崎哲郎氏
写真2:Acronis APJ&MEAセールス・グローバルチャネル担当シニアバイスプレジデントのPasha Ershow氏
写真2:Acronis APJ&MEAセールス・グローバルチャネル担当シニアバイスプレジデントのPasha Ershow氏

 まず、川崎氏が図1を示しながら、「当社が掲げるサイバープロテクションは、バックアップとセキュリティ、さらにはそれらを統括するマネジメント、最新技術による自動化を目指すオートメーションといった企業のデータ保護に必要な機能を1つのソリューションとして提供しようというものだ」と説明した。バックアップとセキュリティの融合については認識していたが、マネジメントとオートメーションも加えた同氏の説明にピンと来た。これがBSMAを発想したきっかけである。

図1:サイバープロテクションの主要な4要素(出典:「Acronis #CyberFit Summit Japan 2023」の講演資料)
図1:サイバープロテクションの主要な4要素(出典:「Acronis #CyberFit Summit Japan 2023」の講演資料)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]