グーグル、生成系AIによる新機能を「Gmail」「ドキュメント」に追加へ

Nina Raemont (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2023-03-15 09:50

 Googleは米国時間3月14日、人工知能(AI)を活用する新しいツールを一連の「Google Workspace」アプリに導入すると発表した。まず、人々が文章を書き始められるよう支援する、ジェネレーティブAIを活用したライティング機能を「Gmail」と「Googleドキュメント」でテストすることから始めるという。

Gmailのロゴ
提供:James Martin/CNET

 同社はこの機能について、「書きたいトピックを入力するだけで、すぐに下書きが生成されます。AIとの共同作業により、必要に応じて多くの提案を受けながら、推敲と編集を続けることができます」と説明している。

 Googleによると、このツールは、カスタマイズされた職務経歴書や子どもの誕生日パーティーの招待状などを作成する際に役立つという。同社はこの新しいAIツールを今後数週間のうちに「一部の信頼できるテストユーザー」に提供してから、一般提供を開始する予定だ。

 今後「Googleスライド」「Googleスプレッドシート」「Meet」「Chat」にもAIツールを組み込むとしている。

 「WorkspaceでジェネレーティブAIの可能性を最大限に引き出すという点では、私たちはまだ始まったばかりです」と、Google は述べた。

 同社は14日、独自のAIチャットボットを構築する企業を支援する「Generative AI App Builder」など、開発者や企業を対象とした新しいAIツールも発表した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]