大丸松坂屋百貨店、AI需要予測サービスを導入--食品ロスを前年比最大7%削減

NO BUDGET

2023-03-16 07:30

 大丸松坂屋百貨店 大丸東京店のベーカリー部門はSaaS型のAI需要予測サービス「AIsee」を導入した。同サービスを提供するコニカミノルタジャパンが3月15日に発表した。2022年8月に導入してから、同部門では食品ロスを前年比最大7%削減することに成功したという。

 AIseeは、POSデータ、売上実績データ、販促データ、来場客数などユーザーが保有するデータを活用することで自動的にAI予測を行い、小売業、飲食業、製造業等の様々なシーンにおける「見通し・予測」をサポートする。ベテラン社員の「先読み」を標準化して、業務効率化を図り、人材育成にも役立つという。特に販売予測や来店者数予測に応じた、商品や食材の発注、生産量の調整、最適なシフト調整については、活用実績が増えており、属人化の解消や経費削減にもつながっている。

大丸東京店での利用イメージ
大丸東京店での利用イメージ

 大丸東京店での従来の発注作業は、過去の来客数、天候、曜日、イベントや百貨店の売上目標等に応じて、各テナントのベテラン社員がこれまでの経験と勘をもとに判断する運用となっていた。そうした中、発注業務が属人化し担当者の負担となっており、また一層の食品ロス削減の取り組みとして「発注・製造」の工程をテクノロジーで適正化することが求められていた。

 そこでベテラン社員に頼っていた運用のシステム化を図ることで、高度な予測による食品ロス削減の実現と属人化の解消を目標にAIseeを導入。同サービスについて大丸東京店は、特別なシステム構築や専用端末が不要で、PCとインターネット環境で利用できる点、運用時には必要な伴走支援が行われる点、低コストで利用できる点などを評価し、採用に至った。

 同サービスは特別なシステム構築の必要がなく、PCとインターネット環境が整備されていれば月額5万円から利用できる。

 

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]