パーソルP&T、旭化成の「会議DX」を検証--参加者ごとの発話量をグラフで可視化

NO BUDGET

2023-03-20 13:44

 パーソルプロセス&テクノロジー(パーソルP&T)は、「Microsoft Azure」とAIを掛け合わせたソリューションを活用し、旭化成の「会議DX」を推進する技術トライアルを支援した。トライアルでは、発話量や発話衝突 、話速などをリアルタイムに計測・可視化し、議論の活性化など会議の質向上を検証した。

 同ソリューションでは、参加者ごとの発話量をリアルタイムに計測・グラフ化し、発言頻度が低い参加者にはファシリテーターが意見を求めることで、多くのアイディアを引き出すなど議論を活性化させることにつなげた。また、複数人の声が重なる発話衝突数を計測して発言を調整することで、発話者が安心して話せる環境を構築したという。話す速度や声の大きさも測定し、参加者にとって聞きやすい状態になっているかを一目で識別できるようにした。

発話量の割合や話速・声量などを可視化したダッシュボード
発話量の割合や話速・声量などを可視化したダッシュボード

 会議のアジェンダや発言されたキーワードもダッシュボードに表示し、会議中に確認するほか、会議後の振り返りにも活用できるようにした。このダッシュボードは「Microsoft Teams」に搭載されているもの。また、AzureのAIを活用して過去の会議資料をフォーマットに関係なくアノテーションできるようにし、全文検索を可能にした。これにより、会議中でも必要な情報に素早くアクセスできるようになった。

 既存技術を活用したソリューションでは、アプリ開発ツール「Microsoft Power Apps」を活用した会議日程の自動調整や会議開催の適正化などを実施した。さらに、AzureやRPAツール「Microsoft Power Automate」、旭化成が開発した文章抽出と文章要約のスクリプトを組み合わせて、会議の概要や決定事項、関連資料のURLなど、必要な議事内容を会議参加者に速やかに自動配布できる仕組みを実現した。

 旭化成では、4月以降に社内ユーザーと業務試行を実施し、技術トライアルの結果も踏まえて同ソリューションの全社展開を目指している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]