「Fedora 38」ベータ版を試す--正式版に期待が高まる出来

Jack Wallen (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-03-23 10:38

 「Fedora Linux」の最近のいくつかのリリースを目にするにつけ、筆者はそれまでのFedoraに対する自らの評価が大きく間違っていたと思うようになった。筆者はFedoraのことを、オープンソースのエコシステムを真に理解している人にしか使いこなせないLinuxディストリビューションだと考えていた。要するに、Fedoraは一筋縄ではいかない面を抱えていただけでなく、常に申し分のない安定感を有しているとは言い難いOSだった。しかし「Fedora 35」の頃からそうした状況は一変し、筆者は今ではこのディストリビューションがLinuxの新規ユーザーにとって有力な候補になると考えている。

Fedora 38の画面
提供:Jack Wallen

 「Fedora 38」は、インストーラーからデスクトップ、搭載されているアプリに至るまで全てが素晴らしい。ベータ版であるにもかかわらずだ。筆者は今回、このベータ版をインストールし、評価した結果、大いに感銘を受けた。

 Fedora 38の優れた点の多くは、「GNOME」チームの努力のたまものだと言える。Fedora 38は、GNOMEに注がれた努力の恩恵を受けており、使えばそのことを実感できる。「GNOME 44」によってパフォーマンスの向上や、バグへの対処、新たなスクリーンショットアイコン(「Quick Menu」にある)、Quick Menuに搭載された新たなBluetooth選択機能、大幅な機能向上を遂げた設定メニュー、ファイルマネージャーに対するさまざまな改善、GNOMEアプリの必要な更新全てが手に入るのだ。

 しかし、GNOMEに関する話が全てではない。Fedora 38は以下のような機能や特長も有している。

  • カーネル6.2
  • 「Xfce 4.18」や「KDE Plasma 5.27」「MATE 1.26」「LXQt 1.2.0」といった、GNOME環境以外のアップデート
  • デスクトップ環境である「Budgie」と「Sway」の採用
  • 美しい壁紙の追加
  • Unified Kernel(カーネルとinitrd、cmdline、シグニチャーを1つにまとめたEFIバイナリー)の初期サポート
  • ライブメディア周りの著しい機能向上
  • シャットダウンタイマーの短縮化
  • Ruby 3.2
  • PHP 8.2
  • gcc 13
  • LLVM 16
  • Golang 1.20

 そしてもちろんのことだが、搭載されているパッケージは全てアップデートされており(「Firefox 110.0」や「LibreOffice 7.5.0.3」など)、起動時実行アプリによって新規導入もはるかに容易になっている。このアプリを用いることで、ロケーションサービスや問題発生時の自動レポート機能の有効化/無効化のほか、サードパーティーのリポジトリーの有効化、オンラインアカウントへの接続、ユーザーの作成が可能になる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]