ガートナー、日本企業がデータとアナリティクスで成功するのに欠かせない役割を発表

NO BUDGET

2023-03-24 07:36

 ガートナージャパン(Gartner)は、日本企業がデータとアナリティクス(D&A)で成功するために欠かせない役割を発表した。

 それによると、現代的なD&Aの取り組みにおいて、必要不可欠な役割として、最高データ責任者(CDO)、D&Aマネージャー、D&Aトランスレーターなどが挙げられている。

 CDOは経営層の一員として、経営戦略とD&A戦略を結び付け、取り組みを率いる。最高アナリティクス責任者(CAO)、最高データ/アナリティクス責任者(CDAO)、最高デジタル情報責任者(CDIO)などの役職もある。

 D&Aマネージャーは成果を測定し、目標を管理する。D&Aのセンター・オブ・エクセレンス(COE)を管理する責任を担う。

 D&Aトランスレーターはビジネス課題に対する施策の仮説を立て、分析に基づいて、具体的な行動案を考える。技術的知識とビジネス知識を組み合わせて、社内でのD&Aの採用やリテラシーを推進する。

 このほかに企業のアナリティクス/BI機能を構築し、分析してシナリオ/ストーリーを作る「アナリティクス/BI開発者」や各種ソースから指標やデータセットを設計しデータモデルのオーナーとなる「データアーキテクト」、データ利用者が適切なデータを利用できるよう、各種ソースから集めたデータを分析者が求める形に加工する「データエンジニア」なども挙げられた。

 さらにガバナンスや倫理的見地からD&Aの取り組みを監督する「倫理担当者」やデータの利用部門におけるポリシー適用を担う「データスチュワード」、ビジネスの目的に沿った、分析に適したデータの探求、調達、活用支援を行う「データコンシェルジュ」も欠かせない役割とされた。

 Gartnerによると、これらの役割は、企業によって状況が異なるため、必要な人数は変わってくるが、D&Aのリーダーは、組織として求められる期待事項を経営層に確認し、それを踏まえてチームの布陣を描き出す必要があるとした。

 具体的には、半年後、来年、再来年といったロードマップでのめざす成果、影響を及ぼす範囲、それに伴って拡大するチーム像を描き、条件がある場合は、それも詰めた上で経営層や人事部門などの合意を得て、描いた以上の成果を得られるようにチームを作り率いていくことが求められるという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]