近畿大、24時間営業の無人決済コンビニ開業--学生の活動に寄り添う

NO BUDGET

2023-03-24 17:20

 近畿大学は、近畿大学生活協同組合が東大阪キャンパス内で営業するコンビニ「Mini Shop November」を、24時間営業の無人決済店舗としてリニューアルオープンする。3月26~31日はプレオープンとして時間を短縮して営業し、4月1日から正式にオープンする。

 同店舗には、グローリーとTOUCH TO GOが提供する無人決済システム「TTG-SENSE MICRO W」が導入されている。

Mini Shop Novemberの外観
Mini Shop Novemberの外観

 近畿大学東大阪キャンパスには、自習室や起業家育成のためのインキュベーション施設「KINCUBA Basecamp」など、24時間利用可能な施設があり、昼夜を問わず多くの学生がキャンパスで活動している。だが、学内のコンビニや学食などは24時間営業ではないため、学内店舗の営業終了後に買い物をするには、近隣店舗まで足を運ぶ必要があった。

 そこで同大学は、Mini Shop NovemberにTTG-SENSE MICRO Wを導入することで、24時間営業の無人決済店舗としてリニューアルオープンする。同店舗は、天井のカメラで人物捉えるほか、手に取った商品を棚のセンサーで認証するため、レジで読み取りをすることなく会計が可能。利便性を高め、学内環境を一層充実させることで、学生の満足度向上を目指すとしている。

 TTG-SENSE MICRO Wは、省スペース・低コストを実現する無人決済システム。コンビニエンスストア、土産/雑貨店、オフィスでの展開に加え、同システムにより病院、ガソリンスタンド、工場の休憩室などにも店舗を設置できるとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]