調査

効果的に価値を提供できているデータ分析組織は半数未満--ガートナー調査

NO BUDGET

2023-03-29 11:55

 ガートナージャパンは、世界のデータ/アナリティクス(D&A)リーダーを対象に実施した最新の調査結果を発表した。これによると、D&Aチームが効果的に組織へ価値を提供していると考える回答者は半数に満たない(44%)ことが分かった。

 調査は2022年9~11月に、世界のD&Aリーダーを対象にオンラインで実施され、566人から回答を得た。

 その他の結果では、実績がトップクラスのD&Aリーダーの43%は、プロフェッショナルとしての自身の能力開発に時間を割くことが有効だと回答。一方で、実績が低いリーダーで同様に回答した割合は19%だった。

 また、最高データ/アナリティクス責任者(CDAO)が多くの職責を担っていることも明らかになった。その範囲は、D&A戦略の定義と実施(60%)、D&A戦略の監督(59%)、D&Aガバナンスの構築と実施(55%)、データドリブンな組織文化変革の管理(54%)など多岐にわたっている。

 さらに、多くのD&A部門ではデータ管理(65%)やデータガバナンス(63%)、高度なアナリティクス(60%)などへの投資が拡大していることも明らかになった。平均的なD&A部門の予算は541万ドルであり、過去1年間に規模が拡大したD&A部門は44%に上る。

 加えて回答者の78%が、D&A戦略へ反映させたい上位3項目の1つに「企業/組織の戦略やビジョン」を挙げている。さらに68%は、戦略目標に沿ったD&Aイニシアティブを優先させている。

D&Aイニシアティブの成功を阻む主な障壁 (上位3項目の合計)
D&Aイニシアティブの成功を阻む主な障壁 (上位3項目の合計)

 調査では、D&A部門の成功を妨げる最大の要因として、39%が「人材不足」を挙げた。また、上位6つの障壁が全て「人」に関連する課題であることも分かった。

 調査結果について同社は、CDAOが効果的なD&Aチームを構築するために即戦力となる人材の採用に頼らない強固な人材管理戦略を策定しなければならないとした。そして、中核となるD&A部門と広範なビジネス/テクノロジー部門の両方で、データドリブンな組織文化とデータリテラシーを促進するための教育、トレーニング、コーチングを行うべきだとした。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]