カナダ当局が「ChatGPT」開発元の調査を開始--個人情報の扱いを懸念

ZDNET Japan Staff

2023-04-05 11:18

 カナダのプライバシーコミッショナー事務所(OPC)は現地時間4月4日、OpenAIの調査を開始した。OpenAIは、人工知能(AI)を利用するチャットボット「ChatGPT」の開発元だ。

 プライバシーコミッショナーのPhilippe Dufresne氏は、「AIテクノロジーとそれがプライバシーに及ぼす影響は、当事務所の優先事項である。われわれは、すさまじい勢いで進化するテクノロジーに遅れることなく常にその先を行く必要がある。AIテクノロジーは、私がコミッショナーとして最も重視している分野の1つだ」と述べている。

 OpenAIに対する調査は、個人情報が同意なしに収集、使用、および開示されているという苦情を受けて開始された。調査は現在進行中で、それ以外の情報は明かされていない。

 生成AIやOpenAIに関しては、このところ、批判や懸念の声が相次いでいる。Elon Musk氏は、米国時間3月28日に発表された公開書簡で、多数のハイテク業界幹部や、AI、コンピューターサイエンスなどの分野の専門家らとともに、「GPT-4」よりも先進的なAIシステムの開発を一時的に休止することを主要なAI研究施設に訴えた。人間社会に対する「深刻なリスク」をその理由として挙げている。

 ほかの国々も、急速に普及するChatGPTの取り締まりにすでに乗り出している。中国は2月、ChatGPTへのアクセスをブロックした。同国は過去にGoogleや「Facebook」、「Twitter」などのデジタルプラットフォームも禁止している。

 イタリアのデータ保護当局も現地時間3月31日、OpenAIによる同国ユーザーのデータ処理に一時的な制限を課したと発表した。当局が主に懸念しているのは、データ収集についてユーザーに適切な情報提供がなされていないこと、大規模なデータ収集を正当化する法的根拠がないこと、そして、年齢確認がされていないことだ。年齢が確認されていないために、子どもに対して「年齢と知識を考えると極めて不適切な」回答が提示される恐れがあるという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]