今こそ考えるサプライチェーンリスクマネジメント

第6回:サプライチェーンリスクマネジメントの未来図

根来諭 (Spectee)

2023-04-06 07:30

 前回まで、サプライチェーンリスクマネジメント(SCRM)の重要性が増していること、そしてどのようなリスクを想定し、どのような強靱(きょうじん)化のステップを踏むべきかについてご紹介してきました。本連載の最終回に当たる今回は、今後SCRMが発展していく方向性について解説したいと思います。

多元化・可視化・一元化の推進

 日本経済団体連合会は、新型コロナウイルス感染症によって日本の経済社会の脆弱(ぜいじゃく)性があらわになったことを受け、「非常事態に対してレジリエントな経済社会の構築に向けて」と題する提言を発表しました。この提言の中で、多元化・可視化・一体化の3つの取り組みによってサプライチェーンの強靱化を推進することを求めています。

多元化

 事業の継続のため、材料調達や生産拠点の多元化を推進すべきという内容です。しかし、前回述べた通り、冗長化・複線化というのはサプライチェーンが長年にわたって追求してきた「効率化・コストダウン」と逆行する流れであるため、レジリエンスとコストを最適なバランスで成り立たせるという意識が必要になります。

可視化

 可視化することは、リスクマネジメントだけではなく、サプライチェーンマネジメント全体の効率化とレジリエンス向上につながります。以下の3つの可視化が含まれるべきだと考えます。

  1. サプライチェーン構造の可視化
  2. サプライチェーン上のリスクの可視化
  3. サプライチェーンに影響を与えるインシデントの可視化(迅速な覚知)

一元化

 サプライチェーンというものは自社のみで完結せず、常に数多くの企業や組織によって構成されています。その意味で、サプライチェーンを構成するプレイヤーが一元化して(=連携して)取り組むことが、サプライチェーンの強靭化に本質的に重要なことだと考えられます。いくら個社だけで厳重な対策を打ったとしても、川上・川下に大きなほころびがあれば、サプライチェーン全体が破綻します。例えば、石油販売の企業グループでは、製油所からガソリンスタンドまでの系列内各社で連携し、事業継続計画(BCP)を策定しているケースもあります。その他にも、荷主と物流業者の連携、同業他社同士で発災時に助け合う連携、行政機関や地域との連携も考えるべきでしょう。

 この提言での指摘通り、「多元化・可視化・一元化」が今後SCRMを進化させていくべき方向性だと言えるでしょう。そして、それを後押しするようなテクノロジーの進化が起きています。

IoT時代の到来

 モノのインターネット(IoT)という言葉が出てくる前は、インターネットはコンピューター同士を接続するためのものでした。しかし現在では、スマートフォンやタブレットといった情報端末だけではなく、テレビや白物家電、デジタル情報家電などもインターネットにつながるのが当たり前のようになってきています。IoT機器が小さく、コストも安くなることで、今後さまざまな応用が社会にどんどん広がっていくでしょう。

 例を挙げれば、信号機がインターネットにつながることで、信号機に設置したカメラやセンサーで自動車や人間の動きを感知し、信号の変わるタイミングを最適化・計算する、「スマート信号」の導入が構想されています。スマートポールの実証実験も多く行われていますし、従来の監視カメラも、AIを搭載することでスマートなものに進化しつつあります。また、1枚ずつしか読み取ることのできない従来のバーコードに変わり、1度に多くのタグをスキャンできるRFIDも実装が進みつつあり、セルフレジなどでお馴染みになっています。これが物流の現場に本格的に普及することになれば、在庫の場所・数量などはリアルタイムに確認できるようになるでしょう。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]