ラズパイをより身近に

強力な性能を備えたシングルボードコンピューター「Rock 5 Model B」 - (page 2)

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-04-08 08:30

 背面のM.2スロットにNVMe SSDを取り付けることもできる。ここでは、Lexarの512GBの「NM620」NVMe SSDを装着している。このドライブは、50ドル以下のお手頃な価格で優れたパフォーマンスを提供するので、この種の用途に最適だ。

 しかし、鋭い観察眼を持つ読者なら、もうお気づきかもしれないが、ある機能が省かれている。それは、今では、搭載されていて当然と考えられている機能だ。

 もうお気づきになられただろうか。

 そう、Wi-FiとBluetoothが標準でサポートされていないのだ。

 それらの通信機能を使用したければ、Wi-Fi 6とBluetooth 5.2のサポートを追加するRadxaの「M.2 E Key」ワイヤレスモジュールが必要だ。このモジュールは約12ドルで購入可能で、M.2スロットの1つに装着することができる。これは非常に簡単だ。

RadxaのM.2 E Keyワイヤレスモジュール。提供:Adrian Kingsley-Hughes/ZDNET
RadxaのM.2 E Keyワイヤレスモジュール。
提供:Adrian Kingsley-Hughes/ZDNET
Rock 5 Model Bの横にあるのが、アンテナを備えたRadxaのM.2 E Keyワイヤレスモジュールだ。提供:Adrian Kingsley-Hughes/ZDNET
Rock 5 Model Bの横にあるのが、アンテナを備えたRadxaのM.2 E Keyワイヤレスモジュールだ。
提供:Adrian Kingsley-Hughes/ZDNET

 アンテナ用の小さなコネクターを接続するのに苦労する人もいるかもしれない。

RadxaのM.2 E KeyワイヤレスモジュールをRock 5 Model Bに取り付ける。提供:Adrian Kingsley-Hughes/ZDNET
RadxaのM.2 E KeyワイヤレスモジュールをRock 5 Model Bに取り付ける。
提供:Adrian Kingsley-Hughes/ZDNET

 筆者はこのボードでいくつかの簡単なパフォーマンステストを実行した。それらのテストの結果は、Rock 5 Model Bが「Raspberry Pi 4 Model B」よりもはるかに強力であることを示しているが、そのことが日常的な使用においてどの程度の違いを生むのかは、まだ確認できていない。

 このボードは、より重くてプロセッサーにより高い負荷をかけるワークロードに適しており、低負荷のワークロードに使用する場合は、8コアプロセッサーと8GBのRAMが無駄になってしまうのではないか、というのが現時点での筆者の見立てだ。

 Rock 5 Model Bが素晴らしいボードであることは間違いないが、Raspberry Pi 4の代替品になれるかどうかは分からない。オクタコアプロセッサーや2.5ギガビットイーサネット、M.2スロットなど、一部の側面は、「Raspberry Pi 5」で採用されるべきものだと感じるが、Wi-FiとBluetoothがボードに搭載されていないのは理解に苦しむ。

 それらの欠点を別にすれば、Rock 5 Model Bは多数のクールなハイエンド機能を200ドル以下で提供する堅実なボードだ。間違いなく注目に値する製品である。Raspberry Pi 4の代替品というよりも、今所有できるRaspberry Pi 5と考えてほしい。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]