マップマーケティング、「Snowflakeマーケットプレイス」でエリアマーケティング用データを提供

NO BUDGET

2023-04-12 07:35

 エリアマーケティング向けに地理情報システム(GIS)を提供するマップマーケティングは4月12日、Snowflakeのデータマーケットプレイス「Snowflakeマーケットプレイス」でデータシェアリングを開始した。

 同マーケットプレイスでは、多くのデータプロバイダーがデータを提供しており、ビジネスインテリジェンス(BI)ツールやアナリティクスツールとの連携が容易となっている。

 マップマーケティングでは、同社のエリアマーケティングGIS「TerraMapシリーズ」で高精度なポリゴンや独自推計データを提供している。これに対して多くの顧客から、これらのデータを自社のファーストパーティーデータやその他のオープンデータと組み合わせてBIツールや分析ツールで可視化したいという声が寄せられていた。

 同社がマーケットプレイスで提供するデータは「2020国勢調査データ(町丁目)」「2020国勢調査データ(郵便番号エリアデータ)「年収別世帯数推計データ(年収デー)(町丁目)」「年収別世帯数推計データ(年収データ)(郵便番号エリアデータ)」。

 国勢調査データは、増加傾向にある年齢不詳人口の補完処理を行った、より精度の高い5歳ピッチの人口データが含まれており、より実態に近い年齢データを用いたマーケティングが可能となる。また年収データは、国勢調査の調査項目には含まれない、世帯の収入に関するデータとなり、その地域の購買力を中心とした分析が可能となる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]