デジタル人材の半数、「業務がChatGPTなどのAIに代替される」と回答

河部恭紀 (編集部)

2023-04-18 09:37

 ITエンジニア/デザイナーの副業・転職サービス「Offers」を開発・提供するoverflowは4月17日、同社が運営する「Offersデジタル人材総研」で「デジタル人材の意識調査レポート ChatGPTが与える業務への影響」を公開した。

 近年、「ChatGPT」などのジェネレーティブAI(生成型AI)への注目が高まっている。ChatGPTは、米企業OpenAIが開発したチャットサービスで、AIを活用している。同技術は、開発業務への影響も大きく、ソースコードの出力や添削、定型的な要件定義が可能。こうした影響から「自身の仕事がAIに代替されるのではないか」という声も聞かれるようになっている。

 このような背景から、デジタル人材自身がどのようにAI技術の進化を捉えているのかを明らかにするため、アンケートを実施した。調査は、Offers登録者のうちChatGPTの利用経験がある305人を対象に2023年4月上旬に実施された。

 これによると、43.0%の回答者は、ChatGPTのテスト版がリリースされ、ユーザーが100万人を超える2022年11月~2023年1月の間にサービスの利用を開始したという。

画像1

 ChatGPTへの印象に対し、51.5%が「非常にポジティブ」、38.7%が「ややポジティブ」と回答。両方を合計すると90.2%がポジティブに捉えていることが分かった。

画像2

 利用目的は、「業務上の調べ物」が62.3%でトップだったが、「業務上のメッセージ作成」(29.2%)や「業務上のプログラム作成」(27.9%)、「業務上のドキュメント作成」(23.0%)などでも利用されていることが確認された。

画像3

 一方、ChatGPTの発展を受け、デジタル人材の働き方はAIに代替されると思うかについては、影響がある(「大きく影響がある」「やや影響がある」)との回答は52.8%で、半数を超える結果だった。

画像4

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]