トップインタビュー

「生成系AIはBIを補完する」--Qlik CEOが語るアクティブインテリジェンスとTalend買収

末岡洋子

2023-04-27 07:00

 ビジネスインテリジェンス(BI)ツールベンダーの中でも、Qlikは異色な存在だ。1993年にスウェーデンで創業し、独立系ベンダーとして事業を展開している。同社は4月17~20日に米国ラスベガスで年次ベント「QlikWorld 2023」を開催した。最高経営責任者(CEO)のMike Capone氏に、同社が掲げる「アクティブインテリジェンス」や1月に発表されたTalend買収の狙い、ジェネレーティブAI(生成系AI)がBIに与える影響などについて現地で聞いた。

QlikWorld 2023でインタビュー取材に応じたQlik CEOのMike Capone氏
QlikWorld 2023でインタビュー取材に応じたQlik CEOのMike Capone氏

--アクティブインテリジェンスを中心としたQlikの戦略を教えてください。

 アクティブインテリジェンスは、最新のアナリティクス基盤にデータをリアルタイムに流し込み、そこから迅速な意思決定やアクション(行動)につなげるというコンセプトになる。Qlikは現在、これを実現するデータ統合ツールとデータ分析基盤を提供している。

 例えば、運用中のシステムから抽出したデータを「Snowflake」や「Databricks」などに取り込み、分析技術を用いて洞察を得ることができる。その洞察から、販売価格の変更やシステムの更新、CRM(顧客関係)のチケット発行といったアクションの提案や強制が可能になる。

 Qlikは創業から30年になるが、当時からの顧客も、最近のDXブームで加わった顧客も、当社のプラットフォームを活用してアクションにつなげ、価値を引き出している。

--Talend買収の意向を発表しています。この買収がQlikと顧客にもたらすものは?

 Talendはデータ統合技術を提供するベンダーで、さまざまなソースからデータを移動・変換し、分析に適したフォーマットにできる。Qlikとの親和性は高く、共通の顧客も多い。データの品質や一貫性、信頼性を測定・評価するツールもある。

 Talendのプラットフォームとは、わずかだが重複する部分がある。しかし、概して両社の技術は補完的だ。顧客はより簡単かつ効果的にデータの変換作業ができるだろう。アクティブインテリジェンスを実現するためのソリューションをエンドツーエンドで届けられる。

 データは増える一方にあるが、さまざまなところに分散している。Qlikはデータをクラウドにストリーミングする機能を持つが、データの信頼性やビジネスですぐに活用できる“ビジネスレディー”かどうかは大きな課題となっている。そのためのソリューションをTalendと共に提供していきたい。

 また、顧客はさまざまなデータ分析ツールを組み合わせている。複数の技術を使うことでフラストレーションを感じているなら、Qlikのプラットフォームでそろえることもできるし、単独ベンダーで全てをそろえるのに抵抗があるなら、これまで通り他ベンダーの技術を使い続けられる。Qlikのプラットフォームはオープンであり、さまざまな使い方に柔軟に対応できる。

 Talendの買収は今四半期中には完了すると見込んでいる。

--SaaSの「Qlik Cloud」を2年前に発表しました。顧客の受け入れ状況はどうですか?

 順調だ。クラウド事業は大きな成功を収めており、この1年で2倍以上の成長となった。今後も、同じようなスピードで成長すると予想している。

 クラウドのメリットは、すぐに価値を得られること。ハードウェアやインフラについて気にする必要はない。また、最新の機能を活用できる。例として、アラート機能や「Qlik AutoML」がある。Qlik AutoMLは、2021年に買収したBig Squidの技術をベースとしており、クラウド上で機械学習モデルを自動で構築・実行できる。

 AIや機械学習はわれわれの注力分野であり、今後も新しい機能を届けていく。

--生成系AIが話題です。この技術はBIにどのような影響を与えると予想しますか?

 BIを補完するものになると見ている。われわれの強みはデータの収集と分析。生成系AIは膨大な量のデータを使ってモデルを訓練している。考えようによっては、われわれが生成系AIの土台を整えていると見ることもできる。OpenAIが提供する対話型AI「ChatGPT」をQlikのプラットフォームに統合して活用している顧客もいる。

 ChatGPTなどのツールに自社のデータを使うのを企業が許可するとは考えにくい。データ分析で洞察を得たり、複雑なことをしたい時はQlikのようなツールを活用し、その洞察をストーリーにする部分で生成系AIを利用したりすることも考えられる。

--日本市場でのデータ活用やQlikの位置付けをどう見ていますか?

 日本市場には大きな期待を寄せている。富士通や本田技研工業のような大型の事例が出てきており、勢いを感じている。日本の顧客はデータリテラシーが高く、アナリティクスから価値を引き出そうとしている。

 クラウド移行という点でBIはこれまで遅れていたが、現在は急速に進展している。われわれはAmazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azure、Google Cloudなどのハイパースケーラーと協業しており、顧客が望む形でデータを活用できるように支援していく。

 日本の企業にQlikの魅力を広く知ってもらいたいし、既存顧客にももっと活用してもらいたい。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]