Javaベースの「ChatGPT」アプリが登場--旧バージョンのWindowsでも利用可能

Lance Whitney (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-04-28 10:57

 「ChatGPT」にアクセスする方法は、ウェブサイト経由のほか、サードパーティーのプログラムやモバイルアプリ、さらには「Siri」のショートカットなど複数存在している。さらに今回、「Windows 98」から「Windows 11」まで幅広いバージョンの「Windows」でChatGPTを利用できる「Java」ベースのアプリが登場した

ChaGPTのロゴを表示したノートPC
提供:Hannes P Albert/picture alliance via Getty Images

 「JavaGPT」という名前のこのアプリは、シンプルでさっぱりとしたGUIを有しており、質問や要求を投げかけ、その回答を受け取るというやり取りすべてが同一画面上でできるようになっている。

 「GitHub」で公開されているJavaGPTは、ウェブサイト版のChatGPTとよく似たかたちで動作する。回答はリアルタイムで生成され、各チャットは自動的に保存されるため、以前のチャットはすべてチェックアウト(取り出し)やロードが可能だ。また、チャットの内容をJSON形式のテキストファイルとして保存し、「メモ帳」などのテキストエディターに読み込ませることもできる。

 チャットには自動的に名前が付けられるが、自分で名前を付けることも可能だ。また、ChatGPTなどのサービスですでにチャットをしている場合は、そのプロンプトをエクスポートし、JavaGPTにインポートすることもできる。さらに、通常のビューとHTMLビューを切り替えてチャットのテキストを読みやすくできる。

 JavaGPT
JavaGPT
提供:Lance Whitney/ZDNET

 世の中が、ChatGPTをはじめとする人工知能(AI)チャットボットの話題で持ち切りの中、人々はこの新たなトレンドを活用しようとしている。その一例として、多くの開発者は自らのチャットアプリやチャットサービスにAIを組み込んでいる。ChatGPTの開発元であるOpenAIは、同チャットボットのAI機能にアクセスするための、コピー&ペースト可能な無償のAPIキーを提供することでこの流れを後押ししている。

JavaGPTを使うには

 Windows版のJava実行環境「Java Runtime Environment」(JRE)をインストールしていない場合は、まずそれをダウンロードし、インストールしてほしい。その後、GitHubのJavaGPTリポジトリにアクセスし、JavaGPTの最新版のZIPファイルをダウンロードする。

 ChatGPTとやり取りするにはAPIキーが必要だ。取得するには、OpenAIのウェブページにアクセスする。OpenAIのアカウントを持っていない場合はサインアップ、アカウントがあればログインが求められる。ログインしたら、「Create new secret key」(新たな秘密鍵を生成する)ボタンをクリックして、生成されたキーをコピーしておく。

 ダウンロードしたJavaGPTのZIPファイルからconfig.propertiesファイルを開き、「apikey=」の後にコピーしたキーを貼り付ける。これで準備は完了だ。JavaGPT.jarをダブルクリックしてコンソールが開いたら、プロンプトを入力しよう。

 

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]