キヤノンITS、従来型EDIの早期切り替えを支援する新接続サービスを開始

NO BUDGET

2023-05-09 15:28

 キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は、NTTデータが提供する金融機関向けファイル伝送サービス「AnserDATAPORT」と接続する新サービス「EDI-Master Cloud for AnserDATAPORT接続サービス」の提供を開始すると発表した。

 AnserDATAPORTは、「全銀協標準通信プロトコル(TCP/IP手順・広域IP網)」に準拠したファイル伝送サービス。閉域ネットワークサービスの「Connecure」を利用することで、企業が銀行ごとに個別のネットワークを用意することなくデータを交換できる。

 また、キヤノンITSが提供する「EDI-Master Cloud」は、クラウドに最適な技術を活用し、高い可用性や耐障害性、スケーラビリティーを備えたクラウドネイティブなEDIサービスとなる。OpenAPI(ウェブAPI)で機能を提供しており、基幹システムや運用管理ソフト、EAI/ETLなどさまざまな製品やサービスと連携できる。サービス基盤にはAmazon Web Services(AWS)を採用している。

サービスの概要図
サービスの概要図

 EDI-Master Cloud for AnserDATAPORT接続サービスでは、企業が個別にConnecure回線を敷設することなくAnserDATAPORTに接続できる。EDI-Master Cloud契約企業との間をインターネット回線によりSFTP接続し、EDI-Master CloudとAnserDATAPORTとの間は、キヤノンITSが用意した開通済みのConnecure回線を利用することで、銀行とのセキュアなデータ交換を早期実現できる。

 Connecure回線は、EDI-Master Cloudを利用しているユーザーが共用で利用するため個別に回線を敷設するよりも安価に利用できるとのこと。また、Connecure回線の敷設・運用をキヤノンITSが行うため、AnserDATAPORTの利用におけるユーザーの運用負荷を軽減できる。

 AnserDATAPORTは、閉域ネットワークならではの安全性や、広域IP網対応の手軽さから多数の金融機関・団体で従来型EDI方式の後継として採用されており、ファームバンキングを利用する一般企業においても、接続先銀行の切り替え方針に合わせてAnserDATAPORTへの移行が検討されている。

 キヤノンITSは、「EDI-Master」シリーズを中核とするEDIソリューション事業で、2025年までに年間売上高35億円をめざしており、今後も企業のEDI業務の効率化を支援していく。同サービスの価格(税別)は月額10万円で、別途EDI-Master Cloudの契約が必要になる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]