「Microsoft 365 Copilot」、早期アクセスプログラムが開始

Sabrina Ortiz (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-05-10 10:10

 Microsoftの生産性アプリケーションはかなり前から、多くの人にとって日々のワークフローの基盤となっている。同社は3月、広く利用されている「Microsoft 365」アプリケーションを、「Microsoft 365 Copilot」の導入によって人工知能(AI)で強化することを明らかにしていた。

Microsoft 365 Copilotのサジェスト機能
提供:Microsoft

 Microsoftは3月以降、Copilotを20の法人顧客とともにテストしていた。そして米国時間5月9日、限定テストの段階を終え、「Microsoft 365 Copilot Early Access Program」を通して、Copilotをより多くの顧客に提供すると発表した。

 同プログラムは招待制の有料プレビューで、まず600の顧客に提供される。

 Microsoftは、「Business Chat」「Outlook」「Powerpoint」「Word」「Excel」へのAI統合を3月に発表したのに加えて、複数の新機能も発表した。

 まず、「Microsoft 365 E3」と「Microsoft 365 E5」の新機能である「Semantic Index for Copilot」の提供を開始する。発表によると、ユーザーと企業データの洗練されたマップとして機能するものだという。

Semantic Index for Copilotの画面 提供:Microsoft

 また今後、OpenAIの高い人気を誇る画像生成ツール「DALL・E」が「Powerpoint」で利用可能になる。これにより、PowerpointでCopilotに対し、AI生成のカスタム画像を生成するよう指示できるようになる。

画像を生成する様子 提供:Microsoft

 Outlookでは電子メールを作成する際に、明瞭さ、感情、口調について、AIによる提案を求めることが可能になる。

Outlookで提案を求める様子 提供:Microsoft

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]