「和食さと」21店舗でAI配膳ロボット導入--実証で費用対効果を確認

大場みのり (編集部)

2023-05-16 15:30

 サトフードサービスは、同社が展開する和食ファミリーレストラン「和食さと」の21店舗に、AIを活用した配膳ロボット「Lanky Porter(ランキーポーター)」を導入した。提供元のキングソフトが5月16日に発表した。

Lanky Porter
Lanky Porter

 自律走行型配膳ロボットのLanky Porterは、カメラ、センサー、機体の底に搭載されている6つのローラーによって走行する。棚を4つまで設置でき、用途に合わせて自動で配膳・運搬することが可能。頭部に搭載されているディスプレイに画像や動画を表示させることで、広告宣伝にも活用できる。飲食店やスーパーマーケット、病院、介護施設などでの利用が想定され、人の多い場所であってもセンシング技術によって障害物を回避するという。

 和食さとは以前から一部の店舗でAI配膳ロボットを利用していたが、人手不足が課題となっている店舗へ新たにAI配膳ロボットを導入することを検討していた。種類が異なる複数のAI配膳ロボットの実証実験を行った結果、「動作がスムーズで品質が安定している」「運用コストを考慮しても十分な費用対効果が得られる」「万一の時の保守サポート内容が充実している」という点から、Lanky Porterの導入に至った。Lanky Porterの接客応対は愛らしいといい、和食さとからは「ホールスタッフの良きパートナーになれる」との評価を受けているとそうだ。

 Lanky Porterには複数のモードが搭載されている。「配送モード」では、事前に設定したスタート地点から任意の地点まで対象物を運搬し、一度の配送で複数地点に運搬することが可能。「案内モード」では、登録した地点をディスプレイ上で選択すると、目的地まで案内する。「下げ膳モード」では来店客が帰った後、食器類を引き取る。

 「巡行モード」では、登録された地点の中で任意の地点を巡回する。巡回時のディスプレイの表示画像やロボットの音声は自由に設定できる。「広告宣伝モード」では、ディスプレイ上の画像や動画の表示と音声の設定が可能で、利用者に必要な情報を発信する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]