クラリス、「FileMaker 2023」を国内提供--リリース番号が発売年をベースに

藤本和彦 (編集部)

2023-05-23 09:05

 Claris Internationalは5月23日、ローコード開発プラットフォームの最新版「Claris FileMaker 2023」の国内提供を開始した。米国などの日本以外の国と地域では4月26日に発売している。

 一目で分かる変化としては、リリースの番号が発売された年に基づくようになったことだ。つまり、今回のリリースは従来の方式であれば「FileMaker 20」となるところが、新たな命名規則になったことで「FileMaker 2023」となる。

 これについて、同社は「メジャーリリースが12〜24カ月ごとに行われていた時は、メジャー番号でのリリースは理にかなっていた」とする一方で、現在は継続的なイノベーションとより速いリリースサイクルでプラットフォームが進化しており、リリース年に基づくナンバリングスキームへの移行は同社の「反復リリースによる継続的な強化に対するコミット」を示すものという。なお、製品の内部的なバージョン番号は「20.x.x」であるとのこと。

画像1
※クリックすると拡大画像が見られます

 Claris 法人営業本部 セールスエンジニアマネージャーの森本和明氏は「FileMakerは過去3年間で、その歴史の中でも類を見ないペースで進化してきた」と話す。例えば、JavaScriptを使用したアドオン機能のような、再利用可能なコードを使用して、より速く直感的な開発が可能になったという。

 モバイル環境でも、Appleが提供する機械学習フレームワーク「Core ML」やテキストの認識表示、「iOS」センサー情報の収集、「Siri」を使ったショートカット、NFCタグの読み取りなどに対応してきた。

 また、「異なるシステムと統合することで、より多くの価値をユーザーに提供できる」(森本氏)とし、2020年3月にはFileMakerで作成した業務アプリ(同社は「カスタムApp」と呼ぶ)を「Chatwork」「Dropbox」「Outlook」などのクラウドサービスやアプリケーションと接続可能にするiPaaS「Claris Connect」をリリースした。製品の特徴としては、ワークフローの自動化や手作業の削減、生産性の向上などが挙げられた。

 加えて、森本氏は同社が「SOC 2 Type 2」をはじめとする厳格なセキュリティ基準を順守している点も強調した。

 FileMaker 2023に搭載された新機能の一部も紹介された。まず、デスクトップソフトの「FileMaker Pro」が「OpenSSL 3.0」に対応し、メール送信で「OAuth 2.0」をサポートした。また、作成、変更、削除といったユーザー操作を検知してログを作成する「OnWindowTransaction トリガ」を搭載したほか、Claris ConnectのフローをトリガーとするスクリプトステップでAPI連携ができるようになった。「GetLiveText 関数」で新たに日本語、韓国語、ウクライナ語をサポートした。モバイルアプリ「FileMaker Go」でも同様の強化が図られている。

 サーバーソフトの「FileMaker Server」は、IntelとArmのプロセッサー上で稼働する「Ubuntu 22.04 LTS」をサポート。ブラウザーから利用する「FileMaker WebDirect」の最大同時接続数が600ユーザーから1000ユーザーに拡大された。FileMaker Serverで共有できるファイル数も125ファイルから256ファイルに増えた。

画像2
※クリックすると拡大画像が見られます

 この他にも、「OData 4.01」「Java 17」「Node.js 18」などバックエンドインフラストラクチャーの強化によってシステムをより効率的に実行できるようになったとしている。

 店頭パッケージの価格は、FileMaker Pro 2023が税別6万3360円、アップグレード版とアカデミック版が同3万8000円となっている。

 最後に、Claris Connectの無料利用枠も発表された。これは、従来のデベロッパープランを無償化するもので、稼働フローの上限数が無制限、月間APIリクエストの上限数が月500ステップ、使用可能なApp数が無制限で利用できる。4月26日から利用可能となっており、FileMaker 2023のリリースとともに積極的に案内していく予定とのこと。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]