京急電鉄、「屛風浦駅」でAI警備システムを試験運用

ZDNET Japan Staff

2023-05-22 16:14

 京浜急行電鉄(京急電鉄)は、駅構内の安全性を高めるため京急本線「屛風浦駅」(横浜市磯子区)でAIを活用した警備システム「アジラ」を試験運用する。期間は5月22日~11月21日の6カ月間。提供元のアジラが5月22日に発表した。

 アジラは既存の防犯カメラにAI機能を組み合わせ、けんかや侵入などの迷惑行為、転倒やふらつきなど助けが必要な動きを検出した時のみ、瞬時に映像を通知するため、映像をモニタリングする警備員の業務を軽減するほか、見落としをなくすことが期待される。

 京急線・屛風浦駅は、駅構内の混雑状況や事故発生のリスクの把握、白杖・車いす利用者の支援など、より安全で快適な環境の構築に役立てていく。

屛風浦駅におけるAI警備システムの運用イメージ
屛風浦駅におけるAI警備システムの運用イメージ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]