スパコンランキング「TOP500」、今回もFrontierと富岳が1位と2位

ZDNET Japan Staff

2023-05-23 11:53

 半年ごとに公表されている世界のスーパーコンピューターのランキングである「TOP500」の最新版が発表された。今回も米エネルギー省オークリッジ国立研究所(ORNL)の「Frontier」が首位を守り、日本の理化学研究所計算科学研究センターに設置されている「富岳」も前回に引き続き2位だった。

スーパーコンピューターのイメージ
提供:Shutterstock / Timofeev Vladimir

 Frontierは2GHzの「AMD EPYC 64C」プロセッサーと「AMD Instinct MI250x」アクセラレーターを使用した「HPE Cray EX 235a」のシステムで、TOP500リストの中で唯一のエクサスケールシステム(処理能力が1エクサFLOPSを超えるシステム)だ。Frontierのスコアは、2022年11月に発表された1.02 EFLOPSから、1.19 EFLOPSへと大幅に改善した。Frontierは混合精度演算性能を測定するベンチマークである「HLP-MxP」でも9.95 EFLOPSのスコアを記録した。

 富岳も前回に引き続き2位を維持し、スコアは0.442 EFLOPSだった。3位はフィンランドのEuroHPC/CSCに設置されている「LUMI」で、こちらも順位に変動はなかった。LUMIのスコアは0.3091 EFLOPSで、今回も欧州最速の地位を守った。

 トップ10のシステムでは、AMD、Intel、IBMのプロセッサーが多く使用されており、4つのシステム(Frontier、LUMI、「Perlmutter」「Selene」)でAMD、2つのシステム(「Leonardo」「Tianhe-2A」)でIntel、2つのシステム(「Summit」「Sierra」)でIBMのプロセッサーが使用されていた。

 使用されているシステム間のインターコネクトについては、今回もEthernetが最も多かったが、システムの数は233から227に減少した。一方、Infinibandを使用しているシステムは194から200へと増加している。Omnipathを使用しているシステムは36から35に微減した。また、専用のインターコネクトを使用しているシステムの数は4システムから31システムへと大幅に増加した。

 TOP500にランクインしたシステムの数を国別に見ると、米国は前回の126システムから150システムに増加した一方、中国は162システムから134システムに減少した。地域別では、アジアが192システム、北米が160システム、欧州が133システムだった。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]