ヤマハ発動機、国内3社でグローバル標準業務・システムを稼働--経営基盤改革を推進

NO BUDGET

2023-06-01 08:03

 ヤマハ発動機は、本社など国内3社で「SAP S/4HANA」をベースにしたグローバル標準業務・システムを1月に稼働させた。既存の経営ダッシュボードとともに経営基盤改革を推進していく。PwCコンサルティングとSAPジャパンが5月30日に発表した。

 PwCコンサルティングは、S/4HANAの導入支援に加えて、世界各国での統合基幹業務システム(ERP)の導入で得られた経験と方法論などを活用したグローバルテンプレートの導入を支援した。

 グローバル標準業務・システムは、同テンプレートを活用することで、販売・物流・購買・生産・会計の5種類の業務領域で、日本・北米・欧州・アジアの4地域をまたがる140以上の拠点の経営情報やオペレーション情報を一元化/可視化できる。

 PwCコンサルティングは、PwCあらたと連携して業務標準化を支援するとともに、各国のPwCとも連携し、グローバルでの業務標準化とシステムの導入を支援した。

 ヤマハ発動機は2019年にS/4HANAを採用し、世界各国での業務の標準化・効率化、データドリブン経営を後押しするデジタル改革に取り組んできた。本社など国内3社で稼働したS/4HANAの導入に際しては、世界標準の機能に業務を適合させる「Fit to Standard」手法でアドオンを極小化させた。これにより、これまで事業部別に構築されたレガシーシステム群を刷新し、安定したシステム稼働が実現している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]