ウイングアーク1st、スモールデータの収集プロセスを自動化する機能を提供

NO BUDGET

2023-06-01 08:49

 ウイングアーク1stは5月30日、「Excel」をはじめ日々の個人業務などから発生するシステム化されていないスモールデータを収集し、分析精度を高める機能「Dataring SmallData Manager」の提供を開始した。

 同機能は、同社のデータマネジメントサービス「Dataring」の分析基盤に投入するなどして活用する。既存のシステムや業務の運用を変更せずに、スモールデータの収集プロセスを簡易化し、データの妥当性を検証するバリデーション処理や重複や誤記、表記の揺れなどを探し出し、削除・修正するクレンジング処理を自動実行する。

Dataring SmallData Managerの概要
Dataring SmallData Managerの概要

 データ提供者は、ウェブブラウザーでExcel/CSV形式のファイルをアップロードすることで、データ管理者が設定したデータパイプライン構築の定義に沿ったインポート処理が行われ、その実行結果を確認できる。

 データパイプライン構築の設定では、バリデーションチェックやデータクレンジング処理、データベースへのインポート設定をプログラミングなしで行える。これにより、拠点間やグループ会社間でのフォーマットの違い、自社と取引先との表記揺れ、コード体系の違いを吸収できるため、現状の作業工程を変更することなく、低コストでデータ収集・統合を実現できる。

 ビジネス環境や市場の変動によって、将来の予測が難しくなっている現在、日々の業務推進で生まれるデータを判断材料とした経営層の意思決定と分析はより重要性を増している。実際の意思決定の過程では、関連企業からの実績報告や外部からのデータが多数提供され、重要なデータでありながらもシステム化やプロセス化がなされない多様なローカルデータや非構造データも存在する。

 特に、単一組織だけでなくサプライチェーン(供給網)全体の膨大なデータ活用基盤を持つ小売・流通業界や多角事業を展開する組織は、スモールデータの未整備とシステム化に向けたコストが懸念され課題となっているという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]