海外コメンタリー

日常業務で活躍するAIツール5選

Sabrina Ortiz (ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2023-06-07 06:30

 「ChatGPT」の登場によって生成人工知能(AI)に大きな注目が集まり、今やこの技術は、ユーザーの仕事を楽にするために、あらゆる生産性プラットフォームに組み込まれるようになった。

キーボードに入力する手
提供:Getty Images/Galeanu Mihai

 AIツールは日々の小さな仕事をこなすのに有効で、それが積み重なるとかなりの時間の節約になる。それによって管理に必要な時間は減り、やりたいことにもっと時間を割けるようになる。

 筆者はChatGPTが話題になる前から、米ZDNetの記事を書くために多くのAIツールを試してきた。その結果、今では、それらのツールをいくつも普段の仕事に取り入れている。

 この記事では、筆者自身が日常的な業務の中で使っているお気に入りのAIツールを紹介したい。面白いことに、これらのライフハック技術の中に、AIチャットボットは1つしか入らなかった。

「Bing」のチャット

Bingチャットのイメージ
提供:Sabrina Ortiz/ZDNet

 まずは、今もっとも注目されているAIツールであるチャットボットから紹介しよう。筆者はこれまで、世間に出回っているAIチャットボットのほとんどを試してきたが、「Bingのチャット」は今でも私のお気に入りだ。

 Bingのチャットを使えば、AIによる画像生成やウェブ上の情報を使用した回答など、さまざまな機能を利用できる。

 筆者は、夕食のレシピやデートでの行き先が思いつかないときに活用している。

 ほかにも、送ろうとしているメッセージの文法をチェックしてもらったり、うまい表現が思いつかないときに、自分が考えていることを別の表現に書き直してもらったりすることがある。

 そもそも、もはや筆者は、何か知りたいことがあるときに「Google」で検索をすることはなくなってしまった。何百件もの検索結果を自分で選り分ける必要があるからだ。

 Bingのチャットを使えば、自分の質問に対話的に答えを返してくれるし、もしその話題についてもっと詳しく知りたければ、参照元のリンクをクリックすればいい。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]