アップルがWWDCで発表したAI機能

Sabrina Ortiz (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-06-08 11:31

 Appleの開発者会議「Worldwide Developer Conference(WWDC)」の開幕前、同社がついに生成系人工知能(AI)の競争に参入するのではないか、という期待が高まっていた。結局、WWDCで生成AIプロジェクトが発表されることはなく、多くの人が落胆した。

 しかし、WWDCで発表されたさまざまなソフトウェアやハードウェアでは、多くの先進的な機能がAIによって実現している。本記事では、WWDCでのさまざまな発表の中から、AIに関連するものを紹介する。

1. 「Vision Pro」の機能

Vision Pro
提供:Jason Hiner/ZDNET

 Apple初の複合現実(MR)ヘッドセットであるVision Proは、最初に装着者の顔をスキャンした後、同社の先進的な機械学習技術を使って、装着者の顔と手の動きをリアルタイムで反映するリアルな仮想アバターを作成する。

 さらに、このヘッドセットは、音声コマンドだけでなく、ハンドトラッキングとアイトラッキングでも操作可能だ。「Siri」などの音声認識技術は、AIの初期の代表的な例である。

顔をスキャンする様子
提供:Apple/ZDNET

2. 「AirPods」の「パーソナライズされた音量」

AirPods
提供:Jason Cipriani/ZDNET

 パーソナライズされた音量は、ユーザーの周囲の環境とリスニングの好みを基に、時間をかけてユーザーの音量体験を微調整していく新機能だ。

 ユーザーのリスニングの好みを理解して、それを反映させるために、この機能は機械学習を利用している。

3. 「iPadOS」の自動入力機能の強化

iPadOS
提供:Apple/Screenshot by Jason Cipriani/ZDNET

 強化された自動入力を通して、iPadはPDF内のフィールドを識別し、「連絡先」に保存された情報を利用して、個人情報を自動入力できるようになる。

4. 「ジャーナル」アプリ

「ジャーナル」アプリの画面
提供:Apple/ZDNET

 このアプリの目玉の1つは、「写真」や「ミュージック」といったほかのアプリでのユーザーのアクティビティーや位置情報に基づいて、パーソナライズされた提案を行う機能だ。

 ユーザーの行動を分析し、その結果に基づいて自然言語プロンプトを生成するジャーナルアプリの機能では、AIが使用されている。

5. 自動修正機能の改善

iOS 17の新機能を示すさまざまな画面
提供:Apple/Screenshot by Jason Cipriani/ZDNET

 「iOS 17」では、自動修正と単語予測が改良され、精度が向上している。Appleによると、iOS 17のキーボードは言語モデル「Transformer」を利用することで、これらの改良されたテキスト機能を実現している。言い換えると、AIが使われているということだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]