NEC、マルチクラウド環境のデータ配置を最適化するサービスを提供

寺島菜央 (編集部)

2023-06-12 13:13

 NECは6月12日、パブリッククラウドと連携してデータ配置の最適化を実現するクラウドサービス「NEC Cloud Storage」の提供を開始した。

 同サービスは、NECクラウドHubデータセンターである「NEC印西データセンター」を拠点とし、ストレージを主軸とするクラウドサービス。主要なパブリッククラウドとの接続性の良さによりマルチクラウド環境の活用を容易にすることで、業務要件に合った多様なデータ配置を実現するという。

NEC Cloud Storageのイメージ
NEC Cloud Storageのイメージ

 同社は、同サービスの特徴として3点挙げた。1つ目は主要なパブリッククラウドと容易に接続でき、データレイクやバックアップデータの保存など、さまざまな用途で利用できる点だという。加えて、NEC印西データセンターからさまざまなネットワーク接続をワンストップで提供する「NEC DXネットワークサービス」との連携により、パブリッククラウドに低遅延で接続できる。

 2つ目は、クラウドストレージからデータを取り出す際のアウトバウンドに追加費用がかからないため、総所有コスト(TCO)の削減だけでなく、データのサイロ化やクラウドサービスへのロックインの懸念を回避できるとしている。また、使用分のリソース量を事前申請するため、想定外の費用が発生することなく、計画的な予算管理ができる。

 3つ目は、同サービスは日本国内の利用者に提供するため、保管されたデータを国内で管理する点だ。これにより、CLOUD法(Clarifying Lawful Overseas Use of Data Act)など、外国の法令によるデータ開示要求の影響を受けにくいデータの保管ができるとしている。

 同社は、マルチクラウド環境下で利便性の高いデータ保全環境を提供し、データの最適配置の実現を目指している。今後もデータ保全や利便性の強化を継続的に行い、顧客の事業に貢献する構えだ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]