調査

「GPT-4」、人間よりも高額の資金調達ができるプレゼン資料を作成--米調査

Sabrina Ortiz (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-06-13 10:43

 多くの事業にとって、投資家からの資金調達は成功に向けた重要な要素だ。しかし、言うは易く行うは難し。事業家はいつでも投資家向けのプレゼンテーション資料を慎重に作成しているが、その多くは興味を引くまでに至らない。

プレゼンする人物
提供:Morsa Images/Getty Images

 このような状況を解決する上で、生成型の人工知能(AI)が役立つかもしれない。生成型AIは、投資家の関心を引き付けるだけではなく、より多くの資金を調達する上で有益なツールとなる可能性があるためだ。

 投資家向けのピッチデッキ(売り込み用の簡潔なプレゼンテーション)を作成するのは大変だ。投資を引き付けるだけの説得力あるかたちで最近の業績を提示する必要があるからだ。これには綿密で前途有望な事業計画とそのプロセスを示すことも欠かせない。

 AIチャットボット、具体的には「GPT-4」を用いることで、こうしたピッチデッキの作成に要する時間を大幅に短縮できる。ただ、作成時間の短縮は素晴らしい利点だとしても、最も重要となるのはその品質だ。成果物の品質は吟味する必要がある。

 小規模企業向けの融資を手掛けるClarify Capitalは最近、250人の投資家と250人の事業経営者に対して、人間によって作成されたピッチデッキと、GPT-4によって作成されたものを提示し、その内容についての評価を依頼した。その際、対象者には、評価対象のピッチデッキがAIによって作成されているかどうかは知らされなかった。

 同調査の興味深い点は、人間が作成したピッチデッキは、過去に資金獲得に成功したものが用いられたことだ。

 調査の結果、GPT-4が作成したピッチデッキは品質と、要点の説明、問題の詳述というすべての点において、人間が作成したものよりも効果的であることが明らかになった。

Clarify Capitalによる調査結果
提供:Clarify Capital

 同調査に参加した投資家と事業経営者は、GPT-4によって作成されたピッチデッキの方が人間によって作成されたものよりも投資の可能性が3倍、説得力が2倍高いと感じたという。

 さらに、5人に1人は、AIが生成したピッチに対して1万ドル(約140万円)多く出資するだろうとした。

 今回の調査では、金融やマーケティング、テクノロジーといった、複数の業界におけるピッチデッキの有効性についても検証された。そして驚くことではないが、これら全ての業界においてGPT-4の作成したピッチデッキは人間が作成したものよりも説得力があるという結果だった。

 この調査で使用されたGPT-4ベースのチャットボットが何であったのかは明らかにされていない。しかし、実際にGPT-4を試してみたいという場合は、「Bing」のチャット(無料)か、「ChatGPT Plus」(有料)を利用するとよいだろう。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]