音声生成AIの新興企業ElevenLabs、合成音声の判定ツールを一般公開

Sabrina Ortiz (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-06-21 11:10

 生成型の人工知能(AI)は、テキストやアート、画像、そして音声までをも含むさまざまなタイプのコンテンツを生成できる。

AI音声のイメージ
提供:Ole_CNX/Getty Images

 AI分野の新興企業であるElevenLabsは、テキストから音声への変換と、音声クローニングを実現する機能のベータ版を1月から提供しており、その登録ユーザー数は100万人を超えるまでになっている。

 同社は米国時間6月20日、シリーズAラウンドで1900万ドル(約27億円)の資金を調達したことと、同社のプラットフォームをアップデートしたことを発表した。このアップデートには、音声クローニングで大きな物議を醸している問題への対策も含まれている。

 同社の音声生成技術が公開されて以来、同技術の肯定的な面と否定的な面の双方に対して注目が高まっている。

 肯定的な面として同社が挙げている例には、「独立系の著作家によるオーディオブックの制作や、ビデオゲームの開発者によるキャラクターボイス(CV)の作成、視覚障害者によるオンライン上のテキストコンテンツへのアクセス、世界初となるAIラジオ局の実現」が含まれている。

 こうした例は、さまざまな業界における業務プロセスの向上を可能にするものの、その一方で有害な利用例も見受けられる。

 ある人物の音声の断片を入力するだけで、その人がしゃべってもいない内容の音声を作り出せるという音声クローニング技術は、有名人が恐ろしく差別的な発言をしているように思わせるといった、悪意ある目的で用いられている。

 ベータ版のリリースから数週間後、ElevenLabsは「音声クローニングの悪用」に対処していくとTwitter上で発表した。同社はこの問題と戦っていくための手段として、アカウント認証の追加や、音声の著作権の検証、さらには各リクエストに対する手作業での検証などを示唆した。

 ElevenLabsは同日、この問題に対する同社の対応策とみられる「AI Speech Classifier」を一般公開した。このツールに音声データをアップロードすると、それにElevenLabsのAIによって生成されたものが含まれているかどうかを判定できる。

 ElevenLabsは今回の発表に「AI Speech Classifierのリリースは、透明性に向けた最新の対策であり、生成型メディアの安全な世界を作り出すというコミットメントの土台となるものだ」と記している。

 このツールに関する15日の発表によると、同ツールは99%を超える精度で音声の真正性を判定できるという。

 ただし、生成された音声のコーデックが変換されたり、リバーブ(残響)効果が施されている場合、精度は90%を超える程度となるなど、音声コンテンツへの加工が増えるほど、その精度は低下していくという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]