PDF Report at ZDNET

ドローン「レベル4」解禁で「有人地帯での目視外飛行」へ--広がる産業活用の可能性

PDF Report@ZDNET

2023-07-10 07:00

 セキュアドローン協議会は6月20日、無人航空機(ドローン)の新たなガイドラインとして「ドローンセキュリティガイド第4版」を公表した。2022年12月、人がいる場所で操縦者が目視していなくても飛ばせる「有人地帯での目視外飛行」が可能になり、ドローンの「レベル4」が現実となったと説明している。

 また、今後はネットワークに常時つながっている環境を活用しながら、自動航行することを前提にできるため、ドローンの可能性はさらに高まると期待されている。一方で、ドローンがインターネットに接続することで、サイバーセキュリティに関するリスクが高まる恐れがあり、懸念材料となってくる。

 ドローンの産業利用がもたらす可能性について紹介する最近の記事を集めた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]