海外コメンタリー

「Kubuntu」を使えば分かる「KDE Plasma」の信頼性と使いやすさ

Jack Wallen (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2023-07-11 06:30

 筆者は何年もの間、「KDE Plasma」を真面目に評価してこなかった。その理由の1つは、これまでに筆者が使ってきたメインのデスクトップが、主に「GNOME」かGNOMEに近いものであったことだ。また、個人的に「標準的」なデスクトップがあまり好きではないという理由もあった。一般的なパネルやデスクトップメニュー、クリックできるアイコン、システムトレイで構成されているデスクトップを見ると、どうしても「Windows」のインターフェースを思い出してしまう。1997年に、より信頼性が高く、安全で、カスタマイズ性が高いデスクトップを求めてWindowsを使うのをやめて以来、筆者は一度もWindowsを振り返ったことはないし、Windowsを使っているような気分にさせられるのさえ嫌だった。

Kubuntuのデスクトップのスクリーンショット
少しカスタマイズを加えたKubuntuのKDE Plasmaデスクトップ。
提供:Jack Wallen/ZDNet

 つまり、自分が使うデスクトップには、Windowsとはまったく違うものであって欲しいのだ。そのため、これまではKDE Plasmaをほとんど無視してきたわけだが、今はそれを改めようと考えている。その理由は、KDE Plasmaが非常に優れているからだ。筆者の好みからすればWindowsに似すぎてはいるが、だからと言って、優れた選択肢ではないことにはならない。

 実際、KDE Plasmaは非常に優れている。そして「Kubuntu」は、KDE Plasmaを体験するには最善の手段の1つだ。「KDE neon」とは違って、KDEチームの最新リリースを扱ことにはならないため、より安定したデスクトップを好むユーザーがKubuntuを選ぶのは理に適っている。そのインターフェースは素晴らしく、Windowsに十分に似ている一方で、「Windows 7/10/11」と間違うことはない程度に異なる点も持ち合わせている。

 Kubuntuの最新リリースでは、デスクトップが堅実で、美しく、使いやすいものに仕上がっている。なぜこのOSを使う人がもっと増えないのかと疑問に思ってしまうほどだ。

 Kubuntuは「Linux」ではあるが、どのOSと比べても同じくらい使いやすい、現代のLinuxだ。エレガントで、仕事に必要なあらゆるソフトウェアをインストールできる。また、初めから「Snap」に対応しているため、アプリストアの「Discover」から、「Slack」「Spotify」「Rockety.Chat」といった多数の(オープンソースではない)サードパーティソフトウェアを簡単にインストールできる。

Discoverのスクリーンショット、SlackやSpotifyなどが表示されている
Kubuntuでは、アプリケーションがオープンソースかどうかを問わず簡単にインストールできる。
提供:Jack Wallen/ZDNet

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]