三菱重工グループ、全社的なコンテンツ管理基盤に「Box」を採用

NO BUDGET

2023-07-13 11:07

 三菱重工業は、各拠点やグループ会社を含む全社的なコンテンツ管理基盤として「Box」を採用した。Box Japanが7月11日に発表した。

 Boxは、コンテンツの管理と保護を支援するクラウドストレージ。三菱重工では、自社で培った技術やノウハウを活用し、変化にスマートに対応する次世代のエコシステムの構築を進めており、海外を含む複数の社外の多種多様なパートナー企業や専門家とセキュアに「協創」できるコラボレーション空間を必要としていた。

 Boxについては、コラボレーションを促進する上で必要となる、エンタープライズグレードのセキュリティとコンプライアンス、スケーラビリティーを有していると評価した。

 三菱重工のデジタルイノベーション本部では、コンテンツ管理基盤としてBoxを採用することで、高いセキュリティを保持しながら業務プロセスを改善すると同時に、顧客やパートナー企業など社外のステークホルダーとの協創を加速させていくとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]