シンガポール、サンドボックスを活用して生成AIアプリケーションの開発を促進へ

Eileen Yu (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)

2023-07-25 12:05

 シンガポールで、生成人工知能(AI)アプリケーションの開発とテストに利用できるサンドボックスが、政府機関と企業のそれぞれに提供されることになった。

提供:Alexander Koerner/Getty Images
提供:Alexander Koerner/Getty Images

 どちらのサンドボックスも、Googleの機械学習(ML)プラットフォーム「Vertex AI」、ローコード開発ツール、GPU(グラフィックプロセッシングユニット)など、「Google Cloud」の生成AIツールセット上で稼動する。提供される訓練済み生成AIモデルには、Googleが開発した大規模言語モデル「PaLM」、Googleのパートナーが開発したAIモデル、さらにはオープンソースのモデルが含まれる。

 今回の取り組みは、「Artificial Intelligence Government Cloud Cluster」の立ち上げを目指してシンガポール政府とGoogle Cloudが2023年5月に締結したパートナーシップ契約に基づくものだ。このクラウドプラットフォームは、公共部門でAIの導入を促進することを目的としており、Google Cloud上の専用環境内で稼動する。

 2つのサンドボックスのうち、1つは政府機関のみが利用し、もう1つは地元の企業が利用できる。どちらのマネージドクラウド環境も3カ月間無料で利用でき、合わせて最大100件のユースケースまたは組織に対応する。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]