アダストリア、需要予測AI活用で欠品リスクと在庫過剰の解消図る

大場みのり (編集部)

2023-07-27 13:42

 アパレルブランド「GLOBAL WORK」などを展開するアダストリアは、需要予測AIを活用したディストリビューション(流通)の最適化を支援するソリューションを導入した。提供元のLiaroが7月27日に発表した。

GLOBAL WORKの店舗イメージ(写真提供:Liaro)
GLOBAL WORKの店舗イメージ(写真提供:Liaro)

 Liaroは、アパレル企業、調剤薬局、ドラッグストア、コンビニエンスストア、スーパーマーケットなどの小売企業に対し、深層学習や機械学習(ML)を活用した需要予測AIを提供している。顧客のビジネスに最適な形でAIを構築し、導入後のサポートにも対応することで、「現場で使える確かなテクノロジー」の提供を図っている。

 両社は欠品リスクと在庫過剰によるコスト増解消に向けて、Liaroの需要予測AIを用いた同ソリューションの実証実験を実施。その結果、欠品の削減と残存在庫の最適化を実現したほか、商品の店舗間移動のコストとオペレーションの負担も軽減できると確認した。アダストリアは他社のAIソリューションも検討したが、実証実験を経てLiaroのソリューションが自社に最適だと判断し、採用に至ったという。

 アダストリアは今回、主要ブランドであるGLOBAL WORKにおいて同ソリューションを本格導入し、今後は他ブランドへの水平展開も検討している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]