「Chrome 117」、拡張機能の安全確認が可能に

Sabrina Ortiz (ZDNET.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)

2023-08-22 10:31

 ブラウザーの拡張機能は、タブを離れることなく利用できる便利なツールだ。パスワードの保存や文法チェックなど、役に立つさまざまなタスクをこなす。一方、こうした拡張機能にはマルウェアが含まれている場合も多い。そこでGoogleの「Chrome」が手助けしてくれることになった。

南京錠が並んだイラスト
提供:Javier Zayas Photography/Getty Images

 Googleは「Chrome Developers」ブログで、「Chrome 117」ではインストール済みの拡張機能が「Chromeウェブストア」から削除されたかを、ユーザーが確認できるようにすると発表した。

 拡張機能がChromeウェブストアから削除されるのは、開発者によって非公開になった場合、Chromeウェブストアのポリシー違反で削除された場合、マルウェアとして特定された場合の、3つのいずれかに該当する場合だ。

 このアップデート以前は、マルウェアを含んでいるとしてChromeウェブストアから拡張機能が削除されても、すでにインストールしているユーザーにはアンインストールが推奨されず、リスクにさらされたままだった。

 ブラウザーの拡張機能に含まれるマルウェアは、多くのユーザーに影響する大きな問題だ。サイバーセキュリティ企業のKasperskyによると、2022年上半期には、ブラウザーの拡張機能に含まれる脅威の影響を受けたユーザーが130万人に上ったという。

 Chrome 117では、「設定」ページで「プライバシーとセキュリティ」を選び、「安全確認」セクションで、ストアから削除された拡張機能がインストールされていないかを確認できる。

 Chrome 117の正式版はまだリリースされていないが、BleepingComputerはChrome 116でこの機能を試用できる方法を発見した。

 アドレスバーにchrome://flags/#safety-check-extensionsと入力し、ハイライトされた「Extensions Module in Safety Check」の横のボタンをクリックして「Enabled」を選択すると、この機能が有効になるという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]