CCIとanynext、データクリーンルーム活用したデータ駆動型マーケティングを実証実験

ZDNET Japan Staff

2023-08-23 11:12

 デジタルマーケティングを手掛けるCARTA COMMUNICATIONS(CCI)は8月23日、女性用下着や美容商品を企画・販売するanynextと共同で、ヤフーのデータクリーンルーム「Yahoo! Data Xross」(YDX)を活用したデータ駆動型マーケティングの実証実験を9月に開始すると発表した。

 昨今、サードパーティークッキーやモバイル広告識別子への規制強化によって、マーケティング施策の計測精度の低下やリターゲティング広告をはじめとするパーソナライズド広告の配信性能の低下などが課題となっている。また、2023年4月に施行された「改正個人情報保護法」により、データのプライバシーやセキュリティに配慮したマーケティング戦略の実現が急がれている。

 そこでCCIとanynextは、YDXを活用することで従来型のクッキーに依存しない安⼼安全なデータ駆動型のマーケティングモデルを実践するとともに、そのマーケティング効果の最大化を目指して実証実験を開始する。

 具体的には、(1)Yahoo! JAPANが保有する購買意向や興味関⼼などのデータを活用した統合顧客分析と、(2)その分析結果に基づく予測LTV(Predictive-Life Time Value)の算出、(3)予測LTVに基づく優良顧客のクラスタリング、(4)同クラスターを活用したYahoo!広告の広告配信と効果検証――を予定している。

 YDXは、会員情報や購買情報、ウェブサイト訪問やメール配信にひも付くユーザー行動データなどの企業が保有するファーストパーティーデータを、プライバシーとセキュリティを配慮した安全な環境で取り扱い、Yahoo! JAPANが保有する購買意向や興味関⼼などのデータを用いて分析できるデータクリーンルームソリューションになる。

 CCIは、クッキーレスに対応したデジタルコミュニケーション戦略の推進を支援するためのデータマーケティングサービス「Data Dig」を提供している。今回の取り組みを通じてデータのプライバシーやセキュリティを最重要視しながら、クッキーレスに対応した高度な分析に基づくマーケティング活用を支援し、ポストクッキー時代に求められる「ファーストパーティーデータドリブンマーケティングモデル」の開発を推進するとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]